社会人から理学療法士になるには

社会人を積極的に受け入れている学校も多い

理学療法士をはじめとする医療職に就いている人は、社会人を経験してから国家資格を取った人が比較的多く、養成学校の多くが社会人入学者の受け入れを積極的にしているようです。

理学療法士として活躍していくには専門的な知識・技術も必要となりますが、それ以上にコミュニケーション能力や、観察力、分析力が求められることも多いです。

社会人経験を積むなかでこのような能力を培えているのではないかという観点から、病院や施設は社会人経験のある人を即戦力として期待している面もあるようです。

社会人だからという理由であきらめるのではなく、むしろ社会人だからこそ経験が生かせると、前向きに捉えていくとよいでしょう。

社会人から理学療法士になるルート

社会人から理学療法士になる場合も、新卒の学生と同様に、まずは大学、短大、専門学校など理学療法士の養成学校に進学して、所定のカリキュラムを修了する必要があります。

その後、国家試験の受験資格を得て試験に合格することで、ようやく国家資格を取得することができます。

理学療法士になるには

学校によっては、社会人向けのAO入試などを行っているところもあります。

社会人だとしても、養成学校在籍中は学生であることには変わりなく、他の学生と同じカリキュラムで専門的な勉強をしていくことになります。

当然、理学療法士になるためには欠かせない実習も行われますし、レポート作成なども行う必要があります。

過去に身につけた経験や知識が役に立つことも

理学療法士として専門的に身につけるべき知識は、リハビリテーションに関することが中心となりますが、社会人経験をしていると、このリハビリの知識以外にも、各方面における専門的な知識をすでに持っていることも珍しくないようです。

一般的には、リハビリの場面でそれ以外の専門知識は使えないと考えている人が多いようですが、そのようなことはありません。

リハビリとはまったく関係ない技術がリハビリに大きく役立っていったり、医療の現場で新しい発想につながっていくことはよくあることです。

最初から医療現場にいる人たちではどうしても気づくことができない点に気付ける、という強みを持っているともいえます。

このようなことを期待して、社会人経験がある人をあえて積極的に採用しようとしている医療機関も多くあります。

一から学び直す覚悟があればどこでも勉強できる

社会人が理学療法士を目指す場合、社会人としての経験は強みになりますが、逆にリハビリに関しては一から学び直すことが必要です。

そこでは、どの学校で学ぶかも大切であるものの、どれだけ本気になっているかのほうが大切だといえるでしょう。

とくに、働きながら夜間の学校に通う場合には、勉強時間がどうしても制限されますし、忙しい毎日を送ることになるでしょう。

なかには、限られた時間をうまくやりくりしていくことができず、途中で挫折してしまう人もいるようです。

本気で理学療法士になるという思いを保ち続けることが、何よりも大切といえそうです。

仕事体験談