理学療法士の離職率

待遇面の悪さが離職につながることも

理学療法士をはじめとするリハビリ職は、高齢化も進んでいる近年、認知度が上がってきた職業です。

国家資格ではあるものの、すべての職場において仕事をする体制がしっかりと整っているかというと、必ずしもそうであるとは言い切れない部分があります。

なかでも、理学療法士の待遇の質は、職場によってずいぶんと大きな差が出ているのが実情です。

この職業が、他の職業と比べたときに特別に離職率が高いともいえませんが、どうしても待遇が良くない職場のほうが離職率は高くなる傾向にあるようです。

長く働き続けられる職場選びをする

理学療法士の勤務先は多岐にわたるため、すべての職場で素晴らしい待遇の下に働けることは現時点では考えにくく、まずは選ぶ側の視点が大切になってきます。

待遇は良いに越したことがないと思うかもしれませんが、たとえ少しくらい待遇面に満足いかないことがあっても、自分のやりたいことが存分にできるのと、しかたなく待遇の悪い職場で働くのは、同じ待遇であったとしても仕事に対するモチベーションはだいぶ変わります。

後者のような状況に陥ってしまった場合には、離職につながる可能性はやはり高くなるでしょう。

要は、自分が何を重視して職場を選ぶかが最も大切です。

なお、若いうちはそれなりの給料であっても、その後、なかなか大幅な昇給が望みにくいのは、多くの理学療法士が抱える悩みのひとつでもあります。

よって、給料を上げることを目的として、早々に別の職場へ転職する人も少なくありません。

これは離職率を引き上げることにもつながってきますから、こうした事実も、これから業界として改善していくべき課題といえるでしょう。

目的、やりがいを感じられるかどうか

どのような仕事でもそうですが、やりがいを感じることができたり、自分なりに目指すものあれば、仕事を続けられる可能性は大きくなることでしょう。

何らかの理由で転職を考えたとしても、理学療法士として働くことをあきらめることは少なくなります。

ここ最近、理学療法士の数が増えたことで、その役割や立場は多様化しつつあります。そのなかで、理学療法士として何をしたいのかと悩んでしまう人は意外にも多くいるようです。

給料、待遇を気にすることはもちろんですが、まずは自分自身の中でやりたいことを明確にしておくことが大切です。

そして、それが実現できる環境を妥協せずに探すことが、離職を遠ざけるポイントにもなっていくでしょう。

仕事体験談