理学療法士の仕事詳細-急性期のリハビリ

急性期のリハビリテーションについて

求人ではよく「急性期」「回復期」「維持期」という言葉を目にします。これは、患者さんの回復段階のことです。

病気の発症や事故、手術の直後を「急性期」といいます。

この時期の患者さんは、まだ安静を必要とするため、医師や看護婦などとともにリハビリにあたります。

理学療法士はチームの一員として、主に患者さんの身体の動きに関するリハビリを担当します。

これまでは、ある程度病状が落ち着いてからリハビリを開始していましたが、近年、リハビリはできるだけ早く始める方が患者さんの今後の様子により良いことがわかってきており、早期からリハビリを行うようになりました。

急性期のリハビリの目的

急性期のリハビリの目的は、ベッドの上で「寝返りをうつ」「座る」そして「立つ」といった動作の回復です。

安静を必要としているときにまったく身体を動かさないと、病気や怪我の状態が落ち着いたのち、いざ動こうとしたときにできなくなる恐れがあります。

そうしたことを防ぐために、医師の確認をとりながらベッドの上で手足を動かします。

もう1つの目的は「早期離床」、つまり、できるだけベッドから離れられるようにすることです。

急性期のリハビリの仕事の内容

患者さんの状態によってできることは異なります。寝返りを打てないような急性期の初期の患者さんには、床ずれや痰がたまることなどを防ぐために、体位の交換をします。

患者さんの状態が不安定ですので、医師や看護師との情報共有、リスク管理が非常に重要です。

ベッド上で身体を動かせると医師の判断がおりると、少しずつゆっくりと手足を動かすような練習をします。

その後、身体を起こしてベッドの上で座る姿勢をとる練習をします。血圧などの状態をみながら、ベッドを少しずつ上げ、上げたところでの姿勢を保てるようにします。

自分の力で座る姿勢が保てるようになり、医師の判断がおりると、ベッドから離れる訓練を始めます。

車椅子でリハビリ室に移動できるようになった患者さんには、リハビリ室で器具を使いながら、起立の練習や歩行の練習を始めます。

仕事体験談