理学療法士の活躍の場

一言に「理学療法士」と言ってもその仕事内容は多岐に渡ります。では、一体どんな場所で活躍しているのでしょうか。またその場所でどんなことをしているのか、ご紹介します。

病院

「病院」と一言でいっても種類はさまざまです。

入院施設のある病院でも、主に「急性期」「回復期」「慢性期」という疾病期間に応じた病棟があります。治療は、病院の特徴によって異なりますが、リハビリ室で行ったり、時にはベッドサイドで行ったりします。

対象疾患は、「脳神経外科」「整形外科」「心臓外科」「内科」など多岐に渡ります。

怪我をした人や、脳卒中になった人だけでなく、肺炎で入院したお年寄りの体力低下予防や、ガンで入院している方の体力維持訓練なども必要に応じて行うことがあります。

外来では、対象疾患は上記のように多岐に渡りますが、現在の個人病院の外来では、整形外科が中心となっています。

総合病院での外来リハビリでは、脳卒中後のリハビリなども実施されています。他には、生活習慣病の方に対する運動療法の指導などを行うこともあります。

また現在ではスポーツリハの認知が高くなってきており、部活動で身体機能向上が求められる中高生に指導したり、怪我の予防や治療を行います。また、スポーツ選手にも同様の治療提供を行うこともあります。

施設

病院では回復を目標にすることが多いですが、老人施設などの高齢者向け施設のリハビリでは体力維持、能力維持を目的としたリハビリの介入が多くなります。

体力を落とさずしっかり歩けるように、転ばないようにするなど、今ある身体機能をしっかり維持していこうというのが狙いです。

運動機器を使ったパワーリハと呼ばれているものの指導を行ったりすることもあります。

地域

地域の保健センターに配属され、地域の高齢者の方対象の健康セミナーの講師を務めたり、子ども発達に対して助言することもあります。

また在宅で治療している方の元に訪問リハビリとして、その方の自宅でリハビリをすることがあります。最もその方の生活を基にしたリハビリの提供が行える場面かもしれません。

企業

福祉機器の販売、製造に助言をする、医療書籍の執筆に貢献するなど、さまざまな企業で活躍しています。

こうやって羅列するだけでも本当にたくさんの活躍の場があります。もっと詳しく分類されていますので、興味ある分野の理学療法士の仕事がどんなものなのか、調べてみると意外な発見があるかもしれません。

仕事体験談