理学療法士の仕事詳細-回復期のリハビリ

回復期のリハビリテーションとは

急性期を経て、いちじるしい回復がみられる時期のことです。多くは急性期の病院からリハビリテーション専門の病院に転院するか、同じ病院内で回復期専門のセクションにおいて、集中的に取り組みます。

なお患者さんによっては、退院後、通院しながらリハビリを継続する人もいます。多くは作業療法士や言語療法士とチームを組み、理学療法士は、運動機能の回復を担当します。

リハビリの目的

回復期リハビリの目的は、退院して家庭にもどること、社会復帰をすることです。

もちろん、具体的に目指すものは、患者さんの病気や怪我の状態、年齢、怪我をする前の活動状態によって異なります。

麻痺などの改善とともに、残っている機能をいかに有効に使い日常生活の質をあげることができるか、ということも目的の1つです。

仕事の内容

患者さんの状態からリハビリ計画を立てて進めていきます。

リハビリテーション室において、マットや車椅子、ベンチや手すり、平行棒など用いて運動機能を回復する訓練(運動療法)を行います。

身体を動かすための筋肉を鍛えたり、バランスをとったりする訓練では、たとえば、マットの上で横への移動や四つんばいになって手足の筋肉に力を入れる訓練などをします。

歩く練習をするためには、手すりを使って起立したり、平行棒内でバランスをとる練習など、段階的に訓練を進め、歩行の訓練に入ります。

残っている機能を使って自分でできることを増やす訓練も重要です。たとえば、自分で車椅子に乗って操作できるよう、動かせる方の手や足をつかう練習をします。

また、退院後、自宅で安全に暮らすことができるよう、ケアマネージャーや作業療法士などと家庭を訪問し、理学療法士としての視点から生活環境の改善を提案することもあります。

仕事体験談