理学療法士は結婚、子育てしながら続けられる?

結婚を期に退職する人も多い

結婚をしていくと退職を考えるのはどの職業でもあります。それは理学療法士でも同様です。

理学療法士などの医療職は同じ職場や同じ職業の人と結婚する事も多く、医療系の職の人と結婚する人も多くいます。

そのため結婚した後の生活について、夫が理解を示してくれることもありますが、両方とも医療職ということで、遅くまで仕事をしてしまい、家庭をしっかりと築くことがなかなか難しくなることもあります。

子どもが生まれた場合はどちらかが家にいる必要があり、より一層共働きは難しくなっていくでしょう。そのため女性の理学療法士で結婚を機に退職を考える人は少なくありません。

休職から復帰する人も増えている

結婚や妊娠をしたときに、休職をするが退職はしないと考えている人も多くいます。実際に復帰をしている人も多く存在し、結婚した後も理学療法士としてがんばっている人はいます。

育児休暇を男性の理学療法士が取ることも多くなってきており、必ずしも結婚をしたら退職をしなければいけないという風潮はかなり小さなものになっています。

ただ、休職であっても、夫と妻とが相互に理解を示しておかないと、生活を安定させていくのは難しいものがあるかもしれません。

また復帰する時に、職場に迷惑をかけるのではないかという思いから、復帰をやめ退職をし、別の職場を探す人もいます。

出産後も働きやすい

理学療法士という資格は国家資格であり、一度取得してしまえば更新の必要がなく永久的な資格となります。そのため、たとえ一度離職してしまったとしても、ある程度の経験があれば職場復帰しやすいともいえます。

しかし医療業界は日進月歩です。まして理学療法士という、患者さんの生活の一部分を担う大切な職種ですので、復職にあたり必ず個人の努力は必要です。

現在、理学療法士が活躍する場は多岐に渡ります。また雇用形態も職場によってさまざまです。

ライフスタイルに合わせて職探しが可能なため、小さな子どもがいる女性セラピストも、働きやすい環境を確保しやすくなっています。

たとえば小さな子どもがいて、フルタイムは大変だけれども復職したいと思えば、短時間の勤務が可能な職場や、週3日のみの勤務の職場などを当たるのも一つの手段です。

またある程度の職員数がいる病院や施設に就職すれば、子どもの発熱など急なお休みにも柔軟に対応してくれるかもしれません。

相談できる先輩を見つける

先輩の理学療法士の中に、結婚をしてまだ仕事を続けている人がいる場合、良き相談相手になってくれることもあります。とくに女性の先輩の場合、心強い味方になってくれることもあるでしょう。

育児休暇や、結婚をしてからの休暇などは、職場の雰囲気というものは非常に影響してきます。そのため就職をするときにしっかりと確かめ、そして雰囲気を感じ取っておくことをおすすめします。

出産をしたあとに働くメリット

実は、子育てとリハビリの過程はとてもよく似ています。人の発達と、障害の改善過程がとてもよく似ているからでしょうか。

そのため、子育てを経験してから職場に戻ると、今までとは違った視点で治療が行えるようになります。これが理学療法士としてのモチベーションを上げることはいうまでもありません。

また出産や育児を通して成長した女性だからこそ出せる、女性らしさや母性としての優しさなどを、リハビリの現場で大いに生かすことができます。

男性の多い職種だからこそ、女性らしさが求められる場面も少なくありません。

理学療法士は、男性の職場や力仕事と思われ、女性のセラピストは働きにくいと思われている方も多いかもしれません。

しかし、理学療法士は、女性が出産後も長く活躍できる職種であることは間違いないでしょう。

仕事体験談