理学療法士の仕事詳細-維持期のリハビリ

維持期のリハビリテーションについて

回復期を経て約半年がすぎると、運動機能の回復の程度が緩やかになります。これを維持期といいます。

この時期になると、リハビリ専門の病院を退院し、自宅で療養しながら外来通院する人も多くなります。

脳卒中の後遺症として麻痺が残った人など、維持期に入った患者さんの多くはリハビリの期間が長期化する傾向があります。

また高齢者の方が多く、介護分野との連携が必要となります。

リハビリの目的

維持期のリハビリが長期化している患者さんの中には、気持ちが機能回復の訓練ばかりに向いてしまう人も少なくありません。

機能の回復スピードが遅くなる維持期には、訓練をすると同時に、生活を楽しみ、大切にすることも必要です。

また、通院のリハビリだけでなく、生活の中にも機能の回復や維持ができる練習を取り入れていくことが大切になります。

なかなかよくならないことに対して不安がつのったり、意欲が薄れていきがちなこの時期には、生活の中で少しずつできることを増やし、生活の質を向上させることを目的とします。

仕事の内容

維持期の患者さんは、身体状況や生活環境によって療養型の病院に入院している人、リハビリ病院を退院して自宅で療養している人などさまざまです。

理学療法士が求められることも所属している施設や患者さんの状況によって異なります。

療養型病院に入院している場合は、できるだけベッドから離れていられるよう働きかけを行い、可能な患者さんには移動の訓練などを行います。

自宅で療養している患者さんの中で外来通院する人に対しては、運動機能の回復訓練を継続して行いつつ、生活の中でその機能をどういかしていくか、という練習をします。

回復期とくらべてリハビリができる時間が格段に少なくなるため、患者さんの困っていることなどをよく聞いて、自宅でできる練習内容を考えます。

また、介護施設や訪問リハビリで維持期の患者さんに対応する場合もあります。

仕事体験談