理学療法士の仕事詳細-訪問リハビリ

訪問リハビリテーションとは

主にリハビリ病院を退院した患者さんに対して自宅を訪問し、運動機能の維持や生活に関する動作の改善などを目的とします。

退院した患者さんの中には、身体が不自由で毎日の生活に困っていながらも、通院ができない人も多くいます。

そこで、理学療法士が訪問し、身体を動かす訓練をするだけではなく、日常生活を改善できるようなリハビリを行うのです。

実際に生活している場でリハビリを行えるため、患者さんのニーズに合わせた訓練メニューを組むことができます。

訪問リハビリの対象となる方

事故や怪我、脳卒中の後遺症などで身体に障害が残った人が対象となります。

リハビリテーション病院を退院した維持期の患者さんが多いですが、急性期の病院を退院したばかりで、回復期のリハビリを病院で受けていない患者さんもいます。

高齢者の患者さんが多いため、訪問リハビリ=高齢者という印象が強いですが、訪問リハビリの対象は介護分野だけではありません。

若くして事故にあった方なども対象とする医療分野の訪問リハビリもあり、幅広い年齢の方が理学療法士の訪問リハビリの対象となります。

訪問リハビリの仕事の内容

患者さんの状態に応じて計画を立て実行していきます。寝返り、座る姿勢を保つ、立って歩くなどの機能訓練を行い、それを生活の動作に生かせるよう工夫し、練習します。

また、痛みを持っている人も多いので、マッサージなどをすることもあります。

訪問リハビリができる時間は回復期のリハビリで費やせるよりもずっと少なくなるので、患者さんから困っていることやできるようになりたいことをよく聞いて、練習方法を考えたり自主練習のメニューを作ったりします。

また、家族や介護者からも患者さんの状態を聞き、介助方法のアドバイスをすることも大切な仕事です。

長期の療養で患者さんの気持ちは落ち込みがちになります。そんな気持ちに寄り添いつつ、身体を動かす意欲を引き出せるよう働きかけることが、一番難しく、大切な仕事かもしれません。

仕事体験談