アルバイトの理学療法士として働く

非常勤で働く人も

理学療法士の働き方は、大きく「常勤」と「非常勤」に分けられます。

常勤は、正社員や正職員といった形で病院や施設に所属してフルタイムで働くことになりますが、非常勤の場合はそれらの場で働きはするものの、アルバイトやパートといった形で常勤よりも短時間、あるいは特定の曜日だけ働くことが多くなります。

理学療法士の場合、アルバイトやパートであっても専門的な知識・技術が求められるため、一般的なアルバイトよりも高めの給料がもらえることは多いです。

時給は勤務先の地域や規模などにもよりますが、1,200〜1,500円程度となっており、実力があると認められればさらに昇給することもあります。

しかし、長期的に働けるかというと、必ずしもそうではありません。また、アルバイトで稼げる給料は、やはり正社員や正職員に比べると低くなりがちです。

さまざまな現場を見ることができる

アルバイトとして、最初からひとつの現場でずっと働いていくこともよいですが、いろいろな現場を見てみることも大きな経験となります。

常勤や正社員になってしまうと、いろいろな現場で働くことはなかなか難しくなりますが、アルバイトであればそのような働き方は比較的容易であり、やろうと思えば多くの現場を掛け持ちして仕事をすることもできます。

さまざまな現場で仕事をするうちに、人脈を広げていけるというメリットもあります。

一般的に、アルバイトというと職が安定しないといったネガティブなイメージが持たれるかもしれませんが、このようなよい面もあります。

また、アルバイトの場合は自分の時間を作りやすいというところもメリットといえます。

自身のキャリアプラン、生活スタイルなどをしっかりと考えたうえで、どのような働き方がよいのか考えてみるとよいでしょう。

ブランク克服のためにアルバイトを利用

理学療法士は男性も女性も活躍しており、なかには結婚・出産・育児などを理由に現場を退く人もいます。

しかし、少し状況が落ち着いたら、また現場に戻りたいと考えている人も少なくありません。国家資格は一生有効であるため、それを生かして再就職することも、もちろん可能です。

とはいえ、業務に関してはブランクがあるため、いきなり正社員として入っていくには少し不安があると感じる人もいるようです。

そのような人たちが、ちょっとしたステップアップや慣れのために、アルバイトで理学療法士の仕事をしていくこともよくあります。

また、家庭の事情などフルタイムで働けない場合に、あえてアルバイトで働くという選択をすることもできます。

仕事体験談