レコーディングエンジニアに向いている人、適性

「いい音」を聴く耳を持っている

音に関するセンスを持っていることは、レコーディングエンジニアを目指す上でもっとも大切な素養です。

一流アーティストの曲を繰り返し聴いたり、音響に優れるライブハウスやコンサート会場に足を運ぶなど、いい音をたくさん聴き、耳を磨きましょう。

自宅で音楽を聴くときにもスピーカーやヘッドフォンを厳選するなど、いい音のためには妥協を許さない姿勢が大切です。

色々な音楽を聴くのが好き

レコーディングエンジニアは、自分の好みで仕事を選んでいてはプロとして通用しません。

ときにはまったく好みでないアーティストや、親しみのないジャンルの曲をレコーディングすることもあります。

知る、知らないにかかわらず、色々な音楽を聴くのが好きな人なら、臨機応変に対応することができるでしょう。

また、最新ヒットチャートに載る曲は時代のニーズを反映しているものです。常に新しい音楽にも注目し、新たな音作りのヒントにすることが大切です。

楽器の演奏ができる

レコーディングエンジニアは自分が楽器の演奏をすることはありませんが、レコーディングの際にはギターやドラムなどのセッティングやチューニングを行うことがあります。

こうした作業は、演奏経験があり、楽器の仕組みを知っている人の方が取り組みやすいでしょう。

また、たくさんのミュージシャンと接する仕事なので、楽器を奏でる楽しさや喜びを知っていれば共感できるシーンも多くあり、仕事の楽しみが増えるかもしれません。

音楽仲間が多い

レコーディングエンジニアは技術職とはいえ、アーティストやミュージシャンといった演奏者の他に、プロデューサー、ディレクター、アレンジャーなど、多くの人と接する仕事です。

コミュニケーション能力が高い人ほど仕事が円滑に進むため、仕事を依頼しやすい存在として重宝されるでしょう。

また、人と人とのつながりが大切にされ、紹介で仕事が舞い込むことが多いのが音楽業界の特長です。

顔が広く、仲間が多いほど、チャンスも広がるといえるでしょう。