レコーディングエンジニアのつらいこと、大変なこと、苦労

アシスタント期間の過酷さ

レコーディングエンジニアになるためには、数年間のアシスタント生活が必要不可欠です。

その仕事内容はアシスタントとは名ばかりで、小間使いのような雑用や力仕事がほとんどです。

技術的なことの他に、アーティストやミュージシャンが演奏しやすい環境作りにも配慮しなければならず、いわゆる接客業のような動きも求められるでしょう。

また、アシスタントは、先輩エンジニアがスタジオ入りする前に入って機材の準備やセッティングを行い、エンジニアが帰った後も残って片付け作業を行うこともあります。

アルバム制作でレコーディングが数日間にわたる場合、自宅に帰らずにスタジオ内で仮眠を取り、朝からまた次の作業に取り掛かることもあり、どんなに体力のある人でも音を上げるほどの過酷さです。

そんな毎日の中で、少しでも時間ができると録音にかかわるスキルを磨く自主練習をはさみながら、ひたすらエンジニアデビューを目指す日々が続きます。

レコーディングエンジニアに昇進してからも過酷

楽曲制作には、アーティストやミュージシャンをはじめ、プロデューサー、ディレクター、作詞家、作曲家、アレンジャーなどのたくさんのスタッフがかかわっています。

そのすべてのニーズに応え、音源制作の最終仕上げを行うレコーディングエンジニアは責任重大です。

体力的にはアシスタント時代より楽ですが、個人事業主のように自分の責任でプロとしての仕事を果たさなければならないため、プレッシャーは半端なものではありません。

何時間もレコーディングルームにこもりっきりで、何度も録音や音を聞く作業を延々と繰り返し、ときには深夜に及ぶことや泊まり込みになることも。

「いいサウンドを作りたい」という情熱を持ち続ける人にしかできない仕事だといえるでしょう。

労働に見合わない給料

このような過酷な仕事内容に対し、アシスタント時代の給料はコンビニ店員並み、社員のレコーディングエンジニアの給料はサラリーマン並みです。

クライアントに気に入られてフリーランスになると報酬は格段にアップしますが、安定的に仕事が入ってくる確証がないという不安が常につきまとうという現状があります。