レコーディングエンジニアの生活

勤務時間は日によってまちまち

レコーディングスタジオは長時間営業していることが多いため、働くスタッフも長時間勤務となったり、早番・遅番などのシフトを組んだりと、会社によって体制が異なります。

アシスタントエンジニアはシフト制で給料は時給制、レコーディングエンジニアは担当するアーティストなどのクライアントに合わせた勤務体制で、給料は出来高制をとっているスタジオが多いようです。

その日のスケジュールによって勤務時間は変動し、レコーディングが長引くと終わるまで帰れないという不規則な生活になりがち。

徹夜作業をせざるを得ないことも少なくありません。

休日は事前に申請が必要

毎日のように依頼が舞い込んで来るような売れっ子レコーディングエンジニアでない限り、事前にスケジュールに組み込んでおけば、休日を取ることは可能でしょう。

しかし、お得意様レベルのクライアントからの依頼があると、断りきれずに休日を返上したり、急な欠員などでシフトチェンジしたりといった対応が必要なこともあります。

もっとも忙しいのはアルバム制作時

アーティストの指名を受け、アルバム収録曲の中の数曲のレコーディングとミキシングを手がけるときが、レコーディングエンジニアがもっとも忙しくなる期間です。

朝から深夜までスタジオに缶詰め状態で作業をし、その後、少し仮眠を取って、また翌日のレコーディングの準備に入るという過酷なスケジュールを余儀なくされることもあります。

このような状態が数日間続く中でも、最高の音の状態でマスターテープを仕上げるのが、プロのレコーディングエンジニアの仕事なのです。

副業のレコーディングエンジニア

レコーディングエンジニアとしてのスキルと音楽センスがあり、自宅に機材を持っていながらも、生活が過酷すぎて続かなかった人や、結婚・出産を機に退職した人などがいます。

こうした人の中には、アレンジャー、主婦、会社員などの本業を持ちながら、仕事の依頼がある時だけ単発の副業としてミキシングを手がけるという生活を送っている人もいるようです。