レコーディングエンジニアの就職、求人募集の状況

アシスタントエンジニアの求人

レコーディングエンジニア未経験者の場合、まずはアシスタントエンジニアとしてレコーディングスタジオやレコード制作会社に就職します。

比較的募集が多いのはレコーディングスタジオで、雇用形態はアルバイトまたは契約社員がほとんどです。

24時間体制のレコーディングスタジオでは交代制をとり、時給制のアルバイトのみで運営しているところもあります。

仕事内容はレコーディングスタジオでのアシスタント業務全般ですが、ほぼ雑用や接客といった、レコーディングエンジニアの業務とはかけ離れたところからのスタートだと考えた方がいいでしょう。

経験や学歴、免許・資格は問われませんが、年齢はアシスタントという職務上、採用されるのは20代前半位までのようです。

会社によっては普通運転免許を持っている人を歓迎したり、ミキシングに使われるMacパソコンとDAW用のソフトウェア「Pro Tools」の基本操作を応募条件にしたりといった特長も。

勤務時間はスタジオのオープン時間から、終了時間は決まっておらず、「終了時まで」とする会社もあり、レコーディングが長引いた場合など、日によっては大幅な残業が発生することが伺えます。

給与は専門学校のレコーディングエンジニアコース卒やアシスタントエンジニア経験者の場合は若干優遇されるようです。

レコーディングエンジニアの求人

レコーディングスタジオやレコード制作会社では、アシスタントを採用して育てるのが基本ではありますが、急に欠員が出た場合などにレコーディングエンジニアの募集をかけることがあります。

大手レコード会社の場合は数年に1回という募集頻度であるため、大変狭き門だといえるでしょう。

スタジオでの実務経験が必須であるため、同職からの転職者のみの募集となり、CDなどの製品を手がけるレベルのミキシング経験と実力が必要です。

雇用形態や給与、勤務時間は人によって、また会社によっても大きな開きがあります。