レコーディングエンジニアになるには

専門学校で学ぶのが王道

レコーディングエンジニアは新卒ですぐに就ける仕事ではありません。

まずはレコーディングスタジオやレコード制作会社、エンジニアを派遣するプロダクションなどにアシスタントや見習いとして就職するのが一般的です。

先輩であるレコーディングエンジニアにつき、教わったり先輩の技を吸収したりしながら、現場で数年間、経験とスキルを磨いた後に、晴れてレコーディングエンジニアへのキャリアアップが叶います。

アシスタントとはいえ、さまざまな音響機器の操作技術、Macパソコンと専門のDAW用ソフトウェアであるPro Toolsによるデジタル処理の技術が必要であるため、学校で学ぶことは王道だといえるでしょう。

レコーディングエンジニアを目指せる学校は、音楽系専門学校のレコーディングエンジニアコースやコンピュータ系専門学校の音響エンジニア専攻などがあります。

本格的なレコーディング設備が備わった学校を選び、即戦力を目指すことがポイントになるでしょう。

また、こうした学校はレコーディングスタジオやレコード制作会社へのコネクションも強いため、紹介や推薦により就職できるチャンスもあります。

レコーディングエンジニアの求人はそれほど多い方ではないため、コネクションは貴重であるといえるでしょう。

必要な資格はある?

実力や経験がものをいう音楽制作の世界。学校でしっかり音響機器やデジタル処理の技術を身に付けてさえいれば、資格や免許を取得している必要はありません。

ただし、技術力の証明になる検定は存在しているので、機会があれば取得しておいてもいいでしょう。

ProTools技術認定試験

社団法人日本音楽スタジオ協会主催。レコーディングスタジオで使われる音楽制作ソフトウェア、ProToolsの技術をランク形式で判定する検定試験です。

サウンドレコーディング技術認定試験

社団法人日本音楽スタジオ協会による認定試験です。音響の理論やレコーディング技術など、レコーディングエンジニアとして欠かせない知識や技術を評価します。