レコーディングエンジニアの1日

レコーディングがある日の場合

11:00 スタジオ入り

マイクやスピーカーなどのセッティング、ミキシングコンソールやMacなどの機材の準備を行います。

12:00 楽器パートサウンドチェック

ミュージシャンがスタジオ入りし、音を出して音質や音量などを調整。その後、楽器ごとにテスト録音を行います。

14:00 本番録音

楽器ごとに1曲通して本番の録音を実施。通常はテイク2〜3、納得いく出来でない場合はさらにテイクを重ねます。

また、部分的に差し替えたい箇所がある場合は、そこだけを演奏して収録します。

19:00 休憩

次の予定までの空き時間を利用し、小休止と食事を取ります。

19:30 ボーカルサウンドチェック

多忙な有名ボーカリストの場合、ミュージシャンとは時間をずらしてスタジオに入ることも。楽器と同様に、声を出してテスト録音を行います。

20:30 本番録音

1曲通して本番の録音を行います。納得いくものが録れるまでテイクを重ね、部分的に歌い直すこともあります。

23:30 ミキシング

納期に余裕がない場合、そのまま夜通しでミキシング作業を行います。

パートごとの編集、すべての演奏を合わせたバランス調整と作業内容は多岐にわたり、集中力の持続が必要です。

翌朝05:00 作業終了

ラフミックスからさらに調整を重ねてマスターテープを仕上げ、ようやく1日の仕事が終了となります。

レコーディングがない日の場合

10:00 事務所へ出社

前日、深夜残業だった場合などは遅出もありますが、そうでなければ定時に、スタジオではなく会社や所属事務所に出社します。

社内での作業はちょっとしたデスクワークやインターネットを使った情報収集などがあります。

13:00 休憩

スタジオに缶詰めの日と違い、ゆっくりとランチを取ることができます。

15:00 打ち合わせ

音楽プロデューサーやアーティストの担当者、ときにはアーティスト本人を交え、次回作について話し合います。

19:00 退社

アポイントなどがない場合、定時で退社が可能です。