落語家に向いている人、適性

度胸のある人

落語家は大勢の観客の前で落語を演じるのが仕事ですから、まずは人前に立つ度胸がなければ務まりません。

たくさんの人々に向かって話をする仕事はほかにも多々ありますが、落語家はおもしろい落語を提供してウケなければなりません。

演じるという意味では役者と共通する面もありますが、役者は必ずしも視聴者に笑ってもらう必要はありません。

落語家は自分の噺(はなし)や表情、身ぶり手ぶりだけで何役もこなし、かつ楽しんでいただかなければなりません。

喜怒哀楽を表現するうえで、実は笑いがもっとも難しいという声があります。人々は悲話や感動話には共感しやすいものですが、笑いが起きるというのはよっぽど解放された状態です。

意図的に笑いを提供するという難題に取り組むことになりますから、考えようによっては大それた行為です。

また落語は400年にもおよぶ伝統芸能であり独特な業界ですから、そこへ飛び込むということも含めて度胸のある人は落語家に向いているといえるでしょう。

根気強い人

落語家は長い下積み時代しかり、生涯落語の研鑽に務めることしかり、とにかく根気強く、ひとつこと、すなわち落語を極める必要があります。

厳しい修業に耐えかねて途中で辞めてしまうようでは一人前の落語家になることはできません。

仕事が少なかったり、ウケなかったり、挫折するような苦しい時期が必ず訪れるといっても過言ではないほど大変な道のりです。

しかし落ち込んでしまうようでは落語家には向いていないのかもしれません。笑いを提供する落語家が自分の実生活で笑いを忘れるようでは人気が出るはずもありません。

師匠に弟子入りを志願するところからすべては始まります。それ以前に落語全般について根気強く情報収集や勉強をしておくことも重要なポイントでしょう。

何から何まであきらめずにとことん追究する性格の人は落語家の適性があると考えられます。

いい加減な変わり者

生涯落語の研鑽に務める必要があることは事実ですが、春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた/1959- )師によりますと「真面目に努力する人は落語家には向いていない」そうです。

これは落語家らしい言葉のあやです。実際には並みはずれた努力をする必要はあるでしょう。

ただし、何しろ笑いを提供する仕事ですから、“真面目に”取り組んでしまってはウケるはずのものもウケず、落ち込んでしまう可能性があるというのです。

笑いが生じるためには、演者も観客もリラックスしていることが大前提です。

真面目な態度には緊張感がただよいますから、意図的な場合を除いて、ただただ真面目に取り組んでしまっては観客まで固まってしまうでしょう。

けっして不真面目というわけではありませんが、ある意味いい加減な人のほうが落語家に向いているそうです。

同じように非常識というわけではありませんが、常識人よりは変わり者のほうが、個性的な落語家として人気を博すかもしれません。