落語家のつらいこと、大変なこと、苦労

下積みが長い

上方(かみがた/近畿圏)では真打(しんうち)制度が消滅していますが、流れは東京と変わらないと考えられますので、階級を用いてご説明します。

個人差はありますが、師匠と呼ばれる真打に昇進するまでには約14年かかります。

最初の約4年間は「見習い」「前座」という落語家の卵です。

この期間は師匠宅や寄席(よせ/演芸場)で雑用をおこないますので、そのぶん小遣い(給金)がもらえます。

ただし前座はほとんど毎日寄席に通い、空いた時間に稽古をつけてもらいながら開口一番を務めますので休みはありません。

現在は通いが多いとのことですが、住み込みという伝統もあり、プライベートがまったくなくなることも考えられます。

こうした落語どっぷりの長い下積み期間を務めなければ、一人前になることはできません。

また平成に入り女流真打が誕生しましたが、約400年もの歴史において落語は噺の内容から男性しか難しいと考えられてきました。

平成の落語ブームで落語家志望者は増加しているはずですが、業界全体に活気があり、間口が広くなったぶん競争率も激化していることでしょう。

女流にしても二つ目までは平成以前にも存在していましたが、真打に昇進する前に辞めていたのです。

こうした厳しい修業に耐えるほどの強い志をもって苦労を重ねなければなりません。

仕事が少ない

約4年間の雑用期間を務めると、一人前の「二つ目」に昇進することができます。

真打に昇進するまでの約10年間は、雑用をおこなわないぶん収入が途絶えます。

割(わり)という出演料をいただくことになりますが、定石(じょうせき/常設)の寄席にはなかなか出番がありません。

落語会を開催したり、ほかの落語会に呼んでもらったり、テレビ、ラジオ、営業と、とにかく自分で仕事を探さなければならないのです。

早くも人気や実力があれば問題ないかもしれませんが、仕事が少ない場合は生活面で大変な苦労をします。落語以外のアルバイトをかけもちせざるを得ない落語家もいます。

二つ目になる実力はありながら昇進せず、前座に留まる「へたり」もたくさん存在します。

落語をせずお囃子を演奏して小遣いをもらえるほうをあえて選ぶわけですが、それほど二つ目時代は実力勝負ということです。

しっかり稽古をして、師匠にも観客にも認められる必要があります。そうでなければ二つ目を10年以上続けても真打には昇進できません。

落語家にとってはこの仕事の少ない時期がもっともつらいという声もあります。

ただ、そのぶん自分のために時間を使うことができますから、腕を磨くチャンスを活かすことが大切です。

ウケない

大変な苦労をして真打に昇進することができたとしても、ここで研鑽を怠ってしまうと、その結果は高座(こうざ/舞台)に表れます。

いつのまにか観客にウケなくなるのです。以前はウケていたところで笑いが起きない、全体的に評判が良くないということになります。

古典落語であれば基本的に同じ噺(はなし)を繰り返すことになりますが、「間」が悪いとウケません。

たとえオチがわかっていても何度聴いても笑ってしまう絶妙な間の取り方というのが存在するのです。

また歴史のある演目(ネタ)でも工夫を凝らすことによって、落語家独自のおもしろみが生まれます。

噺の構成や演出、仕草、表情、小道具の使い方など、勉強することはたくさんあります。稽古をおろそかにするとウケなくなるのは当然です。

あるいは一生懸命に努力をしているつもりでも、なぜかウケないこともあります。もしかしたら何がおもしろいのか、観客や時代に即した笑いがつかめていないのかもしれません。

落語家は落語を演じて笑ってもらうのが仕事です。原因はさまざま考えられますが、ウケないほどつらいことはないでしょう。

しっかり稽古をして、時代のおもしろさを追究することが重要です。