落語家になるには

師匠を決める

落語は江戸時代に成立したとされる伝統芸能のひとつですから、非常に長い歴史を紡いできた先人たちがたくさん存在します。

落語家になりたいと思ったときに、まず注目したいのは娯楽目的で落語をしたいのか、それとも生業として落語家をめざすのかという点です。

プロ以外では、大学のサークル「落語研究会」(通称:落研/おちけん)や通称「天狗連」(てんぐれん)と呼ばれるアマチュア落語家も存在します。

また本業とは別に副業で落語会を開催する人もいます。

しかしプロの落語家を志望するのであれば、いずれかの落語の協会に所属する真打(しんうち/師匠)のもとに弟子入りをして、修業に励むのが一般的な流れです。

協会から離脱するなどして孤立して活動を続けるプロの落語家もいますが、定席(じょうせき/常設)の寄席(よせ/演芸場)では興行ができないなどの規制があります。

まずは、とにかく落語を好きになり、実際に寄席に出かけるなど、たくさんの落語に触れることが大切です。

そのうち生涯をかけてこの道に進みたいと思えるような師匠に出くわすはずです。

師匠を定めることにより自分の将来も決まってきますから、くれぐれも慎重に判断したほうがいいでしょう。

弟子入りする

落語の協会は東京であれば、「落語協会」「落語芸術協会」のふたつが主流です。

そこから離脱した「円楽一門会」(現在:五代目円楽一門会)や「落語立川流」もあります。

また上方(かみがた/近畿圏)であれば、「上方落語協会」になります。

そのほか、名古屋や東北などで活躍する落語家もいますが、以上の5団体が一般的であるといえるでしょう。

弟子入りしたい師匠が決まったら、ツテをたどったり、出待ちをするなどして、「見習い」として入門を直談判します。

誰でも入門できるというわけではなく、強い熱意や根気が必要です。

入門を許可されると現在は通いの人も多いようですが、場合によっては住み込みで、まずは師匠宅の家事や雑用を担当します。

基本的に休みはなく、師匠宅で食事を作り、一緒にいただきます。

しっかり「見習い」を続けるとそのうち「前座」に昇進します。前座もまだ一人前ではなく、師匠宅の家事や雑用もします。

ただ見習いと違って、寄席の楽屋に入るようになり、いわゆる前座修業として寄席の仕事も担当するようになります。

寄席の従業員がするような、めくり(出演者の名前の札)の出し入れ、太鼓など鳴り物の演奏、あるいは「開口一番」という最初の一席を担当します。

落語家名をつけてもらえますが、まだ番組(プログラム)に名前は載りません。「割」(わり/出演料)は出ず、代わりに雑用をした分の小遣い(給金)がもらえます。

雑用をこなしながら、落語業界の慣習を身につけ、落語の稽古に励む毎日です。

売り込む

前座をしっかり務め、4年ほど経つと今度は「二つ目」に昇進します。ここからは一人前の落語家と見なされます。

雑用はいっさいおこなわなくなりますので小遣いは出ません。

収入がまったくなくなりますから、まずは自分の手ぬぐいを作って昇進の挨拶回りをし、自分で仕事を見つける努力をしなければなりません。

テレビやラジオ、営業などの仕事現場へ売り込みに出かけたり、自ら落語会を開催したり、そのほかの落語会に出演したりします。

それぞれの一門に定席の寄席がありますが、二つ目はなかなか定席の高座(こうざ/舞台)に上がることができません。仕事が少なく現実的にはほかのアルバイトをかけもちする人も多いようです。

生活が大変な側面もありますが、ひたすら落語の腕をみがき、師匠や観客にも認められ、10年ほど経つとようやく「真打」の落語家になることができるのです。