落語家になるには

師匠を決める 落語は江戸時代に成立したとされる伝統芸能のひとつですから、非常に長い歴史を紡いできた先人たちがたくさん存在します。 落語家になりたいと思ったときに、まず注目したいのは娯楽目的で落語をしたいのか、それとも生業 … 続きを読む

落語家に向いている人、適性

度胸のある人 落語家は大勢の観客の前で落語を演じるのが仕事ですから、まずは人前に立つ度胸がなければ務まりません。 たくさんの人々に向かって話をする仕事はほかにも多々ありますが、落語家はおもしろい落語を提供してウケなければ … 続きを読む

落語家の弟子入り方法

師匠を決める 落語家を志した場合、実際に落語家として生計を立てることができるようになるまでには非常に長い道のりが待ち受けています。 またいったん師匠(真打)のもとに弟子入りしたら、別の師匠へと移るのは簡単なことではありま … 続きを読む

落語家の下積み時代

見習い時代 落語家の卵が一人前の落語家になるまでには、非常に長い下積み時代があるのが一般的です。 基本的には東京の「江戸落語」と近畿圏の「上方(かみがた)落語」に大きくわかれており、真打(しんうち/師匠)制度は上方では消 … 続きを読む

落語家が勉強すること、練習方法

滑舌、発声などの基礎を練習する 落語家は人前で落語を演じるわけですから、噺(はなし)そのものが聞き取りにくいようでは仕事になりません。 大きな声で、滑舌よく噺をする必要があるでしょう。 そのための練習方法としては「寿限無 … 続きを読む

女性の落語家

基本的に男性社会 平成に入り、落語400年の歴史のうえで初めて女流の「真打(しんうち/師匠)」が誕生するなど、基本的にまったくの男性社会だった落語界もようやく女性の活躍できる可能性が広がったといえるでしょう。 しかし平成 … 続きを読む