ラジオパーソナリティの給料・年収

ラジオパーソナリティは一体どれほどの給料をもらっているのか。当然、気になるとは思います。実は、ラジオパーソナリティは自分の働いている業態によって大きく収入に幅があります。

つまり、社員として働いていれば一定の収入ですし、フリーであれば驚く程に収入をえている人もいれば、交通費程度しかもらえていない人もいるのが現実です。

平均的な給料は?

先も述べましたが、ラジオパーソナリティの収入には幅があります。もし、ラジオ局の社員として働いているのであれば、年収は300万円〜800万円くらいと考えて良いでしょう。ただし、これはあくまで参考で勤務先の制作会社によって年収はかわります。

その他、タレント事務所に所属していている場合、ラジオパーソナリティだけの収入の場合は年間30万円〜500万円程度です。基本的には、マージンといって番組側からの報酬は所属事務に数%ほど取られますので、自分の手元に入ってくるのは残りの金額となります。

ただし、芸能プロダクションの場合、司会の仕事であったり他の仕事も紹介されるので結果的には年収は200万円〜1000万円以上と考えて良いでしょう。

フリーランスの場合

フリーランスの場合は0円から1000万円以上となります。

仕事があってもローカルFM局など、お金が出せない放送局も存在しています。逆に、大手のラジオ局で冠番組などを担当することができれば、収入が全て自分に入ってきますので収入は増えます。

正直、競争率も高いですし、パーソナリティに成れたとしてもスポンサーが全く付かない番組であったり、放送用の曲などは自分で購入・用意しなくてはならなく、そのような番組用の備品等が実費と言う場所も多くあります。

つまり、局のアナウンサーとして所属していない限りは、完全に実力主義の世界と言えるのです。

楽しそうだから、喋るのが上手とよく言われる、と安易な気持ちで続けていける仕事ではありません。お金より、やりがいを持ち続けることが重要となってくる仕事なのです。

仕事体験談