未経験からラジオパーソナリティになるには

人に話をすることから始める

未経験の人でもラジオパーソナリティを目指すことは可能です。

事実、現在活躍しているパーソナリティの方々も、最初は「人前で喋る」経験はしていない、いわば未経験だったわけです。

ラジオパーソナリティを目指している読者の方でも、まだ人前で喋ったことがないという人もいるでしょう。

そんな方は、学校の放送部や、ネット配信の番組などで、「他人に話す経験」を積んではいかがでしょうか?

皆さんの今の環境でも、ラジオパーソナリティとしての経験は少しずつ積むことはできるのです。

まずは、人に話を伝えることに慣れてみることから始めればよいのです。

基本技術を会得しておく

ラジオパーソナリティとしての基本技術、発声や滑舌などを学べる学校があります。専門学校やアナウンサースクール・専門学科のある大学などです。

基本的な技術を効率よく学ぶには、このような学校に通うと良いでしょう。

そして、ラジオパーソナリティのオーディションを受け、見事に採用されると、パーソナリティ業がスタートするわけです。

オーディションで合格するためには、やはり基本的な技術が備わっていなければなりません。

パーソナリティとしてのトークのおもしろさや個性・キャラクターは、基本技術が備わっていて初めて発揮されます。

ですから、未経験でも基本技術を会得していることが、何よりも大切だと言えるでしょう。

アイデアを溜め込んでおく

パーソナリティとして未経験の時代からやっておくべきこととして挙げておきたいのは、「何をリスナーに伝えたいのか?」「どうやってリスナーを楽しませるか?」を考えておくことです。

パーソナリティになったとき、どんな番組を作るのかを考え、アイデアを出しておくことは、プロになってから必ず役立ちます。

経験が浅くても、そういったアイデアをたくさん持っていれば、仕事のオファーが来る可能性も高くなるでしょう。

もちろん、経験がモノを言うこともありますが、それに増して、ソフトやアイデアの豊富なパーソナリティが重宝がられると言えるでしょう。

仕事体験談