ラジオパーソナリティとして気をつけること

ラジオの歴史を知ること

ラジオパーソナリティは、テレビに出ている芸能人著名人と同様、タレントです。パーソナリティになるにあたり、気をつけておきたいことをここでは紹介します。

まず挙げられるのは、ラジオの歴史を知っておいた方が良いということです。ラジオ放送が開始され、80年近くが経っています。言うまでもなく、これまでに数えきれないほどの番組が放送され、放送史に残る番組も多くあります。

日本各地のラジオ局・コミュニティラジオ局はたくさんあり、現在ではインターネットで聞くことも定着してきました。

ラジオの世界に身を投じるならば、この歴史や過去の人気番組の知識は勉強した上で、マイクの前でしゃべることをおすすめします。

人間性があらわになる仕事

ラジオパーソナリティはその名の通り、しゃべる人物の「パーソナリティ」がリスナーにあらわになる仕事です。音だけのメディアであるラジオは、話し手の声や音楽だけで番組が作られます。

それゆえ、ちょっとした一言にでもパーソナリティの人間性が表れるのです。人気パーソナリティの方は、その人間性がリスナーに愛されている人物と言っても過言ではありません。

滑舌が良く、声色も聞き心地が良いだけでは、人気パーソナリティになることはできません。人間性を磨くことはなかなか難しいですが、ラジオを愛することがその近道だと言えるでしょう。

良き制作者に出会うこと

最後に挙げる気を付けておきたいポイントは、良い制作者に出会い、良きチームを作るということです。ラジオ番組は、テレビに比べ少数精鋭のスタッフで制作しています。

その分、パーソナリティの魅力・伝えたいこと・長所と短所をきちんと理解したスタッフがいるかどうかが大切になってくるのです。どれだけ魅力的なパーソナリティでも、その魅力に気づかないスタッフと番組を作っていては、人気は得られません。

良き理解者でもあるスタッフを見つけて、彼らとともに番組を作っていくことは、人気ラジオパーソナリティにとって必要不可欠なことだと言えるでしょう。

仕事体験談