ラジオパーソナリティの1日

ラジオパーソナリティの1日を二つのタイプ別で紹介します。

エンタメ情報系ラジオパーソナリティの場合(日中の番組)

9:00 起床、新聞、ニュースを見て最新の情報を仕入れる。

10:30 スタジオ入り、先に来ているディレクターと一緒に今日の最新情報やニュースの話をする。

11:00 番組ディレクターと放送内容・進行の確認。各コーナーの内容を確認しながら鉄道・高速道路状況にパソコンで常に最新情報をチェックする。

11:30 コミュニティ放送などの場合は指定地域の犯罪・事故件数などの情報をもらうため、警察等電話でその日の最新情報の、確認をする。

12:00 メッセージ・リクエストの確認。ディレクターと内容を選定していく。

12:30 日替わりのゲストアシスタントがスタジオ入り、放送内容を確認・打ち合わせ。

13:00 ブース入り、ニュース原稿を大きな声で読み、発音確認。

13:30 本番開始、情報やコーナーを進行通り進めて行く。さらに、ディレクター側、自分のパソコンなどでメール・つぶやき等の番組宛メッセージを確認。

16:00 番組終了、スタッフと反省会の後、ディレクイターと明日の番組内容の確認

18:00 帰宅、別の番組へ

深夜枠の音楽系パーソナリティ(DJ)の場合(DJ)

13:00 起床、新聞・TVで話せそうなネタを探す。

14:30 レンタルCD、中古CD屋等で番組用の曲を探す。ライブの情報もしっかりチェック。

18:00 別の日の番組ゲストと打ち合わせ

22:00 自宅で進行・オンエア曲選定、食事等。

0:00 スタジオ入り、番組ディレクターと放送内容を打ち合わせ。

1:00 ゲストアーティストスタジオ入り、曲やトーク内容を打ち合わせ。

2:00 本番開始、コーナー等進行を正確に進めて行く。放送中、番組宛のメッセージやリクエストを選定・紹介していく。

5:00 番組終了、CM等の録音放送を録っていく。

6:30 ディレクター等スタッフと反省会、次回放送分の簡単な打ち合わせ。

8:00 帰宅

受け持っている番組によりますがこのようにラジオパーソナリティの1日は過ぎて行きます。

仕事体験談