ラジオパーソナリティになるための学校・スクール

基本技術が学べる学校

ラジオパーソナリティになるためには、やはり基本的な技術を習得する必要があります。

滑舌や発声練習・基礎的な話術を学ぶには、スクールに通うのが効率的です。

アナウンススクールや、タレント養成所・専門学科がある大学や専門学校では、このような技術を学べるカリキュラムが組まれています。

たとえば、あなたが音楽番組を担当するパーソナリティになった時、どれだけ音楽の知識があったとしても、滑舌が悪かったり、話が下手では聞き苦しい番組になることは間違いありません。

リスナーにあなたが伝えたいことをきちんと伝えるためには、最低限の技術が備わっていなければなりません。

独学でその技術を学ぶことも不可能ではありません。しかし、専門の先生がいる学校に通い、そのノウハウを習得することもパーソナリティへの近道になるはずです。

同じ目標を持つ仲間が見つかる

ラジオパーソナリティになるための学校に通うメリットは、他にもあります。

学校に通えば、同じ目標を持った人々と出会うことができます。その場で、友人を見つけ、彼らと共に切磋琢磨することは、刺激にもなり、励みにもなります。

学生時代から、パーソナリティのオーディションを受けることもあるでしょう。

しかし、なかなか結果が出ず、諦めかけたとき、友人がいれば愚痴をこぼすこともでき、ストレスを発散することも可能です。

また、ライバルを見つけることで、自分自身の「できていないところ」を自覚することができ、技術の向上を計ることもできるのです。

ラジオパーソナリティは人気商売ゆえに、その目標を叶えることは簡単ではありません。

くじけそうになった時、支えてくれる仲間がいることはあなたにとって強みになるはずです。

仕事体験談