ラジオパーソナリティの日々の努力

体調管理に気を使う

現在、ラジオパーソナリティとして活躍されている方々は、日々どんな努力をしているのでしょうか。ここでは、彼らが日々やっていることを紹介します。

ラジオパーソナリティの「命」とも言えるのが、声です。パーソナリティは、商売道具である声に何よりも気を使っています。就寝時は必ず加湿器を使用したり、人ごみの中を歩くときはマスクなどで風邪の予防もしています。

言うまでもなく、ラジオは音だけのメディアです。番組を持っているパーソナリティが聞き苦しい声をしていることは、音を聞いているリスナーに迷惑をかけることと同じなのです。

トーク用のメモを作る

ラジオ番組には、必ずと言っていいほどフリートークのコーナーがあります。パーソナリティが、プライベートで起こった出来事や、リスナーから送られて来た投稿に関して話をする時間です。

このフリートークでリスナーを楽しませないといけません。パーソナリティはたくさんの話の引出しを持っておく必要があります。そのためどれだけベテランのパーソナリティでも、トークのためのメモノートを作っています。

プライベートでこれはラジオで話せると感じたことを忘れないように、そのノートに記しておくのです。24時間どんなときでも、番組のことを忘れていないということです。

インターネット関連の努力

最近のラジオパーソナリティの多くは、ブログやTwitter、Facebookなどを使っていたり、番組が公式ホームページを持っています。

ラジオと言えども、リスナーにパーソナリティの顔をさらしているということです。そのため、見られることを意識して、美を保つ女性パーソナリティも少なくありません。

また、番組を宣伝するために、ブログ・Twitterなどで番組情報や私生活を発信しているパーソナリティもいらっしゃいます。今では、このようなインターネットにまつわる努力も必要となっているのです。

仕事体験談