ラジオディレクターのやりがい

一歩踏み込んだ情報を提供できる

テレビもラジオも時間帯によって、見る人や聴く人の年齢層や性別が違ってきます。そのような状況を踏まえて、テレビの場合は、見る人全員が十分に理解できるような一般的な情報を提供することが多いです。

もちろんラジオも、基本的な考え方は同じです。ですが、少し違うのは、ラジオはテレビに比べて一歩踏み込んだ情報を提供しやすい環境であるということです。

たとえば芸能人がパーソナリティーを務めるラジオ番組では、普段テレビで見る姿からは想像もできないような口調やテンションで話す方も珍しくはありません。

プライベートを赤裸々に話して、ディレクターがヒヤヒヤする場合もあります。

けれども、これこそがラジオの魅力です。リスナーにとって、新鮮で興味深い情報をドンドン発信できるのはディレクター冥利に尽きるのです。

スポンサーやCMなどの制約が多いテレビ番組では、際どさやマニアックな要素たっぷりの「一歩踏み込んだ情報」を提供することは正直難しいですが、ラジオなら、不思議と許されてしまうことも珍しくはありません。

リスナーの反応をダイレクトに感じられる

番組は自分のために作るのではなく、すべてはリスナーのために作るもの。作り手にとって、一番気になるのが「リスナーの反応」です。

ラジオは、リスナーから寄せられるFAX・はがき・電話などで反応をダイレクトに感じることができるので、ディレクター自身の日々のやる気につながります。

良いことも悪いこともしっかりと受け止めながら、制作者として着実に成長することができるでしょう。

スタッフ・出演者・リスナーと番組を作り上げているという一体感を味わえる

ラジオ番組の台本の中には、大まかな話の流れしか書いていないものも多数存在します。

ラジオは映像がない分、トークによってリスナーの気分を高めながら、ラジオの世界に惹きこんでいかなければなりません。

それぞれが自分の仕事を精一杯努める姿勢にあふれているので、ラジオ番組の現場は実にアグレシッブです。

難しいこともたくさんありますが、スタッフ・出演者・リスナーと番組を作り上げているという一体感を味わえる最高の現場ともいえるでしょう。