ラジオディレクターの仕事内容

ラジオディレクターとは、番組の企画、構成からはじまり、番組内で使用する曲の選曲などを行い、本番でパーソナリティなどへの指示を出す人のことをいいます。

ラジオ業界でも勤務先の放送局などによりディレクターの仕事の幅が変わってきますが、ここでは一般的なラジオディレクターの仕事内容について紹介します。

ラジオディレクターの主な仕事内容

 
ラジオディレクターは番組のコーナー企画や時間の配分など、細部にまで目を通し、台本を作り上げます。

ただし、大きな局や制作会社では、構成作家や放送作家などが台本制作を担当していることもあります。

その場合のラジオディレクターの主な仕事は、キューシートと呼ばれる番組のフローに沿って、滞りなく番組を進めることです。

ミキサー業務

番組によっては、ラジオミキサーと呼ばれる音量などを調整することを専門に担当している人もいます。

しかし、多くの番組の場合、ラジオディレクターがミキサーも同時に担当することが多いのが現状です。

まず、タイトルのジングルBGMであったり、曲だしのタイミング、ブース内にいるパーソナリティへの指示やキュー出しなど、かなり忙しく働くことになります。

当然、音量のバランスなどもすべて自分のタイミング次第で決まるので責任は重くなりますが、個性を出しやすい環境ともいえます。

番組によって業務が違う

ラジオディレクターは、自分が請け負う番組により業務内容が異なります。

音楽専門番組であれば、ミュージシャンのゲストもいるので、ブース内での生演奏などに備える準備をしますし、ニュースなどの情報番組であれば、鉄道や交通の最新情報を常にチェックします。

また、タレントがトークを繰り広げる番組であれば、そのタレントの一番話しやすい台本を考えたり、エコーなどのエフェクトを要所要所で面白く魅力的にかけていったりと、さまざまな業務があります。

大手キー曲やコミュニティ、AM・FM局により用意する情報にも違いがあるので、その都度対応してく必要があります。