ラジオディレクターの現状と将来性

ラジオ業界の未来に左右される

ラジオディレクターは、ラジオ業界の状況により、立ち位置が大きく左右します。

現在、日本においてはラジオ離れが進んでおり、ラジオを常習的に聞いている人が減少しているのが現実です。

聴取率がとれないのであれば、スポンサー探しも難しく、番組自体が終わってしまうことも今や珍しくありません。

しかし、大手ラジオ局であったり、地域密着型であるコミュニティラジオなどは、情報発信の観点やタレント事務所からの後押しなどもあり、そうそうなくなることはないでしょう。

ただ、現実には制作費が減っている現状は間違いありません。

そのため、ラジオディレクターは制作費をかけないような番組づくりを心がけ、今以上に良いアイデアや、面白い企画を生み出す力が求められるでしょう。

ギャランティの減少

ラジオディレクターの仕事は、ラジオ番組がある限りなくなることはないでしょう。

しかし、制作費が少ないとなると当然、ラジオディレクターのギャランティも減少します。

社員として局に勤めているディレクターの場合であれば、番組数が減ることにより、制作からほかの部署への異動ということも考えられます。

ですが、各局制作サイドでは、ラジオが本当に好き、という情熱を持った優秀なディレクターたちが離れてしまわぬように、今以上に良い番組企画を作り、良いギャランティを用意しようと必死で毎日画策しています。

将来を悲観するのではなく、どのようにしたら良い状態にすることができるのかを現場でも考えていくことが求められます。

マルチな才能が求められる

各局、番組によっては放送原稿をラジオディレクターが並行してつくることもよくあります。

制作費削減の影響で少人数での番組作りが求められているため、今後はラジオに関わる取材・原稿・企画など、さまざまな分野をマルチでこなすディレクターが重宝されるでしょう。

要求される仕事量と報酬とのバランスが難しいところですが、情熱を持ち続けて仕事を続けることが必要となります。