ラジオディレクターとラジオプロデューサーの違い

ラジオ番組を制作するにあたって、ラジオディレクターとラジオプロデューサーは絶対に欠かせない存在です。

ディレクターよりもプロデューサーの方が偉いという世間一般のイメージは、あながち間違ってはいません。

そこで今回は、ラジオディレクターとラジオプロデューサーの違いについて詳しく紹介していきます。

ディレクターは現場のトップ、プロデューサーは番組のトップ

まずはじめにディレクターとプロデューサーの関係性についてですが、一言でいえばプロデューサーが上司で、ディレクターが部下です。

一つのラジオ番組を制作するにあたり、2人が力を発揮する場所や仕事内容はまったく違います。

ラジオディレクターは「現場のトップ」です。

「番組の台本作成」「話し手との打ち合わせ」「リスナーとのやり取り」「音楽のチョイス」など、実際にラジオ番組を制作する際の現場監督の役割を担っています。

対して、ラジオプロデューサーは「番組全体のトップ」です。番組のタイトル・内容・出演者・放送枠・予算・コマーシャル・制作スタッフなどを決めるキーマンです。

まとめますと、番組の大枠を作りあげるのがラジオプロデューサー。プロデューサーが決めた枠の中で、具体的に番組を制作していくのがディレクターです。

ディレクター、プロデューサーに必要なものは?

ディレクターは、リスナーが必要とする情報を提供し、オリジナル要素たっぷりの番組を作る使命があります。

そのため、「キラリと光るセンス」や「独自性溢れるアイディア」などの職人技が備わっている人物である必要があるのです。

ですが、プロデューサーは、センスやアイディアだけでは通用しない職業です。

出演者を決める際の芸能プロダクションとの交渉や予算や放送枠の確保など、番組実現のために営業マンのような役割を果たさなければいけません。

世の中のニーズや流行を敏感に感じ取り、新番組を企画→実現できるかどうかが腕の見せどころでしょう。

もちろん番組でトラブルが起きた際に、すべての責任を負うのもプロデューサーですから、その番組の中でもっとも責任重大なポジションといえます。