ラジオディレクターになるには

ラジオディレクターになりたい。こう思っている方は大勢いるかもしれません。しかし、ラジオディレクターになるにはどんな道筋を通ればよいのでしょうか。

ここでは、そんなラジオディレクターのなり方について紹介していきます。

大学・専門学校を卒業する

大手のラジオ局員になる場合、今も高学歴の新卒を採用するケースが一般的です。

しかし、大手ラジオ局員に就職できたとしても、制作チームに配属されるかどうか、その後さらにディレクター業に就けるかどうかは運次第です。

放送関連のカリキュラムがある専門学校では、ミキサーなど放送機器の基礎についても学ぶことができるので、即戦力として採用されるケースもあります。

卒業後、ラジオ番組を制作する会社などへ就職することができれば、ラジオディレクターへの道のりは近くなります。

ただし、近年ラジオ業界は経営の厳しさからか、求人が以前に比べ少なくなっている現状があります。

まずはアルバイトから業界に入るというのも有効な方法の一つです。

地方のミニFMやコミュニティラジオなどでは、報酬の少なさから一流のラジオディレクターなどに仕事を頼むことができないのが状況です。

そのため、報酬は少ないですが未経験であっても、ディレクター志望者を募集している場合があります。

ただし、面接は必ずあるので、ラジオを好きであったり、ラジオをよく知っている、機器を扱ったことがある、などの優位に働く経歴が必要です。

アルバイト感覚になる番組や無報酬の場所なども存在しますが、現場にいち早く出ることができるので、小さいところからコツコツやりたい方にはオススメのルートです。

そのほかにも、パーソナリティを経験していた、音響担当としてイベント会社にいた、などの経歴を持ち、関係者のコネによりラジオディレクターになる方もいるので、運とタイミングも重要になる職業ではあります。

ナレーター事務所に入る

多くのナレーター事務所などではタレント部署に併設して、ディレクターなどの制作系の所属枠もあります。

定期的にひらかれているオーディションや、各事務所が主催するセミナーなどに参加し、うまくいけば制作系の部署に所属することができることもあります。

その場合、事務所が請け負う番組や、自社制作の番組でのディレクションになるので、駆け出しのうちは自由に番組を選ぶことはできません。