ラジオディレクターの休日

ラジオディレクタ-にも、もちろん休日はあります。放送業界と聞くと、どうしても毎日忙しく休みなどないイメージがあるかもしれませんが、自分の担当している番組数やその勤務形態により休日の形態はです。

ここでは、フリーランス・所属を分けず、ラジオディレクターの休日を紹介していきます。

普段からもネタ探し

ラジオディレクターの多くは、常に面白いネタになることがないかと外出することが多く、家にじっとしていることがあまりありません。もちろん、疲労で動けずに自宅で休息を取ることも多くありますが、基本的には外出していきます。特に話題のスポットにはできるだけ足を運ぶようです。

パーソナリティの方だけの情報ではなく、ディレクターの情報も番組のクオリティをより上げていくためには重要な要素の一つです。そのため、さまざまな情報を手に入れれるように常にアンテナを張っているのです。

ラジオを聴く

ラジオディレクターは、自分の放送以外にもラジオを良く聴いています。他の番組の良いところ、悪いところを知ることは非常に大切なことなのです。

日ごろラジオの仕事にずっと携わりながら、休日のおいても自分の時間を割いてラジオを聴く人が非常に多いのが、この職業の特徴ともいえます。

多くの人と会っている

ラジオディレクターをしている場合、休日とはいえ数多くの打ち合わせが入ることがあります。パーソナリティにゲスト、局員など、番組の間に存在している立場のラジオディレクターは打ち合わせも非常に多いのです。

しかし、ラジオディレクターとして働いている人は、人とのコミュニケーションが得意であり、非常に人が好きな方が多いので、仕事ながら楽しく打ち合わせをしてくことも非常に多いのです。

売れっ子のディレクターになれば、なかなか休みもとることが難しいようですが、合間の時間にはしっかりと楽しみを見つけ、それを基に面白い番組をつくるという情熱を持っています。

休日の経験も仕事に生かすというのが、ラジオディレクターの心がけです。