ラジオディレクターになるための学校(大学、専門学校)

大学の学部はあまり関係がない

最近大学のマスコミ学科の設立が増えていますが、必ずしもラジオディレクターになるためにマスコミ学科に入る必要はありません。

大学の場合は、どの学科に入学してもラジオディレクターになる道は途絶えることはありません。

ただし大学卒業後、テレビ局や制作会社に入る必要があります。しかし、入社したからといって絶対にラジオディレクターになれるわけではありません。

総合職で入社した場合は、総務・営業・編成などさまざまな部署に配属される可能性も十分にあるからです。

ですから、面接の際にラジオディレクターになりたい旨をきちんと伝えて、可能性があるかどうかを確認するべきでしょう。

ラジオディレクターへの確実になりたい場合は専門学校

ラジオディレクターになるには、アシスタントディレクター(AD)といわれる「雑用係」時代を経てからでなければなれません。

雑用と言ってもテープの管理や収録準備など、ディレクターになるには絶対に身に付けておかなければいけない基本を学びます。

そのような基本的な知識を身に付けられるのが、放送技術系の専門学校です。

カメラマン・ディレクター・照明・音響などさまざまなコースがあるので、そこからディレクターコースを選ぶとよいでしょう。

放送技術系の専門学校に通っていると、テレビ局や制作会社からのアルバイトの求人もたくさん来るので、学生時代から本物のテレビやラジオの世界を感じることが出来る可能性もあります。

「絶対にラジオディレクターになりたい!」という方は、専門学校に進学して基本的なスキルを身に付けることが、夢を実現する大きな一歩となることでしょう。

養成講座などのスクールでコネクションを作るのもあり

ラジオ局が主催しているスクールや放送作家養成講座などに参加して、ラジオ業界の方々とコネクションを作るのも一つの方法です。

ですが、この方法でラジオディレクターになれる可能性はあまり高くありません。コネクションを利用するためにはよほどの太いパイプがないといけませんし、人としても魅力が重視されます。

このルートでラジオ業界に入る方もいますが、確実にいけるというわけではないので注意が必要です。