レーサーの賞金・給料・年収

レーサーの収入にも、さまざまな形があり、人によってまったく違う稼ぎ方をしているものです。ここでは、レーサーが得られる収入について説明します。

団体に所属して収入を得るタイプ

F1やル・マンのように、チーム単位で活動するレースでは、収入もチームや企業から支払われることになります。野球やサッカーの選手と同じく、契約によって収入を得るのです。

契約で収入が決まる分、レースに集中できるというメリットがありますが、契約を解除されれば次年度から活動ができなくなることもあります。

F1のような世界的な規模の大会では、数十億単位の年収を得るトップレーサーもいる反面、契約解除によって活動停止になるレーサーもいます。

個人でスポンサーを獲得する

レーサーは個人でスポンサー契約をして、お金を得る能力も求められます。チームではなくレーサー本人に出資する会社というのも、この業界では珍しくありません。

たとえばF1の場合、オフシーズンにレーサーの移籍が話題になりますが、単純に成績だけでチームと契約が決まるわけではありません。

スポンサーを引き連れて交渉を行うレーサーであれば、同ランクの成績であっても、ライバルより有利な契約を交わせるのです。

「シートを金で買う」とマスコミに批判的な記事を書かれることもありますが、現実問題として、個人のマネジメント能力も重要になります。

チームの年俸こそ低くても、スポンサーを多く獲得しているレーサーは、トータルで多くの収入を得ているのです。

賞金はどれくらい?

レーサーと聞くと、賞金を獲得して生計を立てているのでは? と考える人も多いでしょう。

F1レーサーには、年収数十億を稼いでいる人もいますし、インディ500のようなレースでは、優勝すれば億単位の賞金が獲得できます。

国内のカートレースのように、個人でも参加できる形態のものでも賞金はあります。ただし、賞金額は10万円程度ですから、コストを考えると賞金だけで生計を立てるのは難しいでしょう。

本気で稼いでいこうと思うなら、スポンサーを多く獲得して、大きなチームで活躍するのが近道といえます。

オートレーサーの収入

国内の公営オートレーサーの場合、法律的には個人事業という区分で活動をすることになります。

そのため収入についても、自分自身の優勝賞金が収入源となりますので、実力がそのまま年収につながるといえます。

レースの区分によって賞金が異なりますので、大きなレースに優勝すれば、1000万単位の収入を一度に得ることも可能です。

一方で、小さな一般レースとなると10万円単位まで賞金は下がるので、コツコツ出場して収入を確保しなければなりません。

また、マシンの維持費や、レースにかかる費用も、自己負担でまかなう部分が大きいのも特徴です。

新人がいきなり稼ぐのは難しいので、地道に経験を積みながら、少しずつ成績を上げていく必要があります。

とはいえ、個人で活動するオートレーサーは契約に左右されず、長く活動ができる傾向にあります。

逆に、F1レーサーのようなチームに所属するタイプでは大きな収入を得るチャンスもある反面、結果を出さなければ次のチャンスを失うこともあるわけです。

自分の目指すレーサー像がどのようなものか考え、生涯を通した長い目で見て、どういった道が向いているのか考えてみましょう。