レーサーの資格(レーサーライセンスの種類)

「国内ライセンス」と「国際ラインセンス」

レーサーとして活動するには、「レーサーライセンス」を取得しなければなりません。

このレーサーライセンスは、入門者用の「国内Bライセンス」からF1レースに出場できる「国際スーパーライセンス」まで6段階に分かれています。

まず、日本の国内のレースで実績を積み、海外のレースにも出場したいという人は、JAF(日本自動車連盟)の発行する「国内Bライセンス」から取得し、その後、上位のライセンスを順番に取得することになります。

レーサーライセンスの種類

・国内Bライセンス
・国内Aライセンス
・国際Cライセンス
・国際Bライセンス
・国際Aライセンス
・スーパーライセンス

国内Bラインセスは講習だけで取得できる

「国内Bライセンス」は、自動車運転免許証が持っていれば、誰でも取得できます。JAFの会員になり、講習を受けるだけです。試験も、年齢制限もありません。

ただし、「国内Bライセンス」では、出場できるレースも限られています。

出場できるのは、

・三角コーンを立てたコースを1台ずつ走ってタイムを競う「ジムカーナ」
・指示された速度を守って公道を1台ずつ走る「ラリー」
・未舗装の路面に設定されたコースを1台ずつ走ってタイムを競う「ダートトライアル」

です。

国内Aライセンスを持って初めてサーキットでのレースに参加できる

国内Bライセンスで出場できる競技会に1回以上、出場して完走すれば、「国内Aライセンス」に挑戦できます。

取得条件は、昇格試験を受けて合格すること。国内Aライセンスをもっていれば、全国各地のサーキットで開催されるレースに参加できます。

レースとは、2台以上の車が同一コースを同一時間にスタートし、その速さや走行距離を競うものです。国内Aライセンスを取得して、初めてレースに出場できます。

国内Aライセンスだけでは、プロレーサーになれない

もっとも、国内Aライセンスを取得しただけでは、プロレーサーとして生計を立てていくのは難しいです。実際、国内Aライセンスをもつ人は多いですが、ほとんどは趣味としてレースを楽しんでいます。

プロレーサーとなるには、レーシングチームとドライバー契約を結び、世界を舞台にしたレースに参加しなければなりません。

そのためには、FIA(国際自動車連盟)の発行する「国際ライセンス」を取得する必要があります。

国際ライセンスにはA〜Cまで

プロレーサーとして生きていくには、「国際ライセンス」を取得し、世界を舞台にしたレースに参加しなければなりません。

国際ライセンスにはA〜Cまであり、そのランクに応じて参加可能なレースが決まっています。

フォーミュラー・ニッポンやル・マン24時間耐久レース、SUPER GTなどに参加するには、国際Bライセンスを取得しておく必要があります。

GP2(元のFIA国際F3000選手権)やインディカーシリーズなどに出場するには、国際Aライセンスが必要です。

「スーパーライセンス」は、F1に出場するために必要なライセンスです。

公営オートレースは特殊

公営オートレーサーを目指す場合は、まず、養成所に入ることが必要です。入所試験は、2年に1度行われ、満16歳以上なら受験できます。

受験資格としては、原付以上の運転免許証をもつこと、体重60キロ以下、裸眼視力が左右とも0.6以上などがあります。

募集人員20名に対して、700名以上の応募があり、倍率は35倍以上となっています。

入所試験に合格すると、筑波サーキットに併設される選手養成所に入り、9ヵ月間の基礎訓練を受けます。卒業後、選手資格検定を受けて合格すれば、公営オートレースを統括するJKAの選手として登録されます。