レーサーの魅力

恵まれたレーサーの才能を職業とできること

レーサーの最大の魅力は、自分の才能を職業として生かせることでしょう。

レーサーとしての才能は、マシンに乗って速く、かつ安全に走行できることです。

スピードを恐れず、冷静に高速走行できることも大きな才能ですが、スピードを出すことで、他のマシンとクラッシュしたり、コースアウトをしていたのではレースで勝てません。

レーサーとしての才能は、持って生まれたものなのか、どこかで身に着けたものなのかはわかりません。しかし、恵まれた才能を生かしてお金を稼げることは、とても幸せなことです。

業界全体でレーサーへの期待が大きい

自動車産業の発達した日本では、自動車は身近な存在で、レースは人気の高いスポーツです。レース界には、世界に通用するレーサーを育成しようという熱い思いもあります。

そのため、小さな子どもでも、レーサーとしての才能があると見込まれれば、スポンサーがつきますし、多くのファンから注目されます。そして、その成長を見守ってもらえます。

レース業界全体でレーサーへの期待が大きいことも、レーサーとしては魅力の一つです。

多くのモータースポーツファンを沸かせること

かつて、F1の鈴鹿グランプリには、フリー走行、予選、決勝の3日間で30万人以上のファンが集まりました。

日本人ドライバーがいないと観客数はガクンと減りますが、現在でも3日間で20万人ほどの観客が集まります。また、スーパーフォーミュラは、2日間で5万人以上集めています。

レースで勝ったり、熱い走りをすれば、多くのファンが熱烈に声援を送ってくれることも、レーサーにとっては大きな魅力です。

世界の舞台で活躍すれば多額の報酬がもらえる

さらに、世界を舞台に活躍できるレーサーになれば、収入も大きく増えていきます。F1のトップレーサーになれれば、数十億の契約金を手にすることも可能です。

才能が開花して実力が上がると、かなりの収入が期待できるのもレーサーの魅力でしょう。