レーサーになるための費用

どのルートでも多額の費用がかかる

現在、カーレーサーになるには、主に2つのルートがあります。

1つは、幼稚園児か、小学生低学年のうちにカートレースに参戦して好成績をおさめ、ステップアップしていく方法です。

もう1つは、レーシングスクールに入校して好成績をおさめ、アピールする方法です。

どちらのルートでも、プロレーサーになるまでには、多額の費用がかかります。

カートレースの初期費用は約60万円

カートレースに参戦するには、まず、全国各地のカートショップが主催するクラブチームに加入することです。

初期費用は、カートやレーシングスーツ、ヘルメット、クラブ加入費で約60万円といわれています。

これに、レースにかかる費用やガソリン、オイル代、交通費、宿泊費などでレースに参加するごとに約20万円かかります。

さらに、日頃の練習にかかる費用を合わせると、小学生の段階で年間500万円以上はかかります。

小学から高校までカートレース参戦費用は約1億円

中学生、高校生になると、レースへの参加数も増え、費用は、年間1000万円近くかかるといわれています。

小学生でカートを始めた場合、高校を卒業するまでに、少なくとも1億円前後の費用がかかります。

それだけの費用を個人で負担できる人は少ないので、優秀な選手はスポンサーを見つけることになります。

スポンサーとの関係で、フルサポートから半額サポート、定額サポートといろんなサポート法がありますが、スポンサーが見つかるかどうかは、日本経済の状況に大きく左右されます。

レーシングスクールを終えるまでに500万円以上

一方、レーシングスクールは、初心者向けから順番に受講していくと、スクールによって合計400万〜600万円の費用がかかります。

その間の生活費やトレーニング代を含めると、700万〜1000万円の費用がかかるといわれています。

極めて優秀な成績をおさめれば、最終的にはスカラーシップを受けてトレーニングすることができますが、それまでにかなりの費用がかかります。

相当な資産家の家に生まれるか、費用面を負担してくれるスポンサーがいなければ、なかなか続けることができないのが現状です。