レーサーになるための学校・スクール

レーシングスクールが各地にある

レーサーになるための「レーシングスクール」が各地にあります。

どのレーシングスクールも、世界で通用するドライバーの育成を目的に、現役ドライバーが講師を務めています。

初心者向けの基礎コースから、本格的にレーサーを目指す人を対象とした上級コースが設けられ、成績優秀者は、資金の援助を受けながらレースに参加できる制度もあります。

プロのレーサーを目指す人は、こうしたレーシングスクールに入るのも一つの方法です。自分の住まいの近くのレーシングスクールをインターネットなどで調べてみましょう。

鈴鹿サーキットレーシングスクール

「鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)」は、本田技研工業(ホンダ)の子会社が、鈴鹿サーキットで運営しています。

鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS)

初心者向けは、「体験スクール」と呼ばれ、定員は10名です。16歳以上で、身長が160センチ〜180センチ程度の人が対象で、16〜17歳はカート経験者に限られています。

また、18歳以上は自動車運転免許(AT限定は不可)の所有者のみです。

2日間の実技講習を年間10回受けます。カリキュラムは、フォーミュラーカーの乗り方、ルールとマナー、レーシング走行の基本と応用、タイムアタックです。

受講料は9万4500円で、車両破損預かり金として5万2500円を預けます。この預かり金は、破損事故がなければ返還されます。

コースは初心者向けから上級コースまで

「体験スクール」で、一定の基準をクリアすれば、スキルアップを目的とした「ベーシック」、本格的にレーサーを目指す上級コース「アドバンス」と進んでいきます。

定員は「ベーシック」が10名、「アドバンス」が8名で、「アドバンス」になると、マシンのメンテナンスやセッティング、基礎体力トレーニング、英会話なども入ってきます。

ベーシックの受講料は21万円、車両破損預かり金が10万5000円、アドバンスの受講料はグンとアップして283万5000円(宿泊、食事など含む)となっています。

成績優秀者はスカラシップを受けてレースに参戦できる

アドバンスの受講者8名のうち、さらに選考に残った数名が無料の「スカラシップ選考会」に進み、最終選考に残ると、フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン参戦のスカラシップが授与されます。

元F1レーサーの中嶋悟を父にもつ中嶋大祐選手は、レーシングカートを経験した後、17歳となる2006年、鈴鹿レーシングスクールに入校。優秀な成績でスカラシップを獲得しました。

翌年、スカラシップを得てフォーミュラ・チャレンジ・ジャパンに参戦すると、ランキング5位となり、2008年には戸田レーシングから全日本F3選手権に参戦しました。

さらに、2009年にはライコネン・ロバートソン・レーシングからイギリスF3選手権に参戦し、その後も順調にステップアップして、2014年にはNAKAJIMA RACINGからスーパーフォーミュラに参戦しています。

レーシングスクールは、どこもかなりの費用がかかります。それでも将来性が見込まれれば、スポンサーがついたり、企業などから資金面の援助を受けられる可能性があります。

自分の実力を試す意味でも、レーシングスクールに入校するのも一つの方法です。