レーサーライセンス試験の難易度・合格率

国内Aと国内Bライセンスの取得方法

レーサーを目指す人が最初に取る「国内Bライセンス」は、試験を受けるわけではありません。自動車運転免許証を持っている人が、JAFに入会し、規定の講習を受ければ取得できます。

国内で開催されるレースに出場できる「国内Aライセンス」は、筆記と実技試験があります。受験資格は、国内Bライセンスで出場できる競技会に1回以上出場して完走することです。

多くの場合、午前中に国内Bライセンスの競技会が行われ、午後に国内Aライセンスの昇格試験を受験できるような日程が組まれています。

筆記試験といっても、教材の持ち込みが可能です。

実技試験は、ローリングスタートによる模擬レースです。試験では速さを求められるのではなく、レーサーとしてのマナーと各種ルールが守られているかどうかが審査されます。

合格率は、90%前後といわれており、いずれのライセンスも、自動車が好きな人が趣味で取ることもあるので、そこまで難しい資格ではないといえます。

国際ラインセスの取得方法

国内Aライセンスを取得して、レースの実績をつんでいくと、国際ライセンスを取得することができます。国際ライセンスにはA〜Cのランクがあり、昇格は、競技会への出場回数や実績で判断されます。

国際Cライセンスは、申請日より1年以内に、日本のJAF公認レースに2回以上完走するか、JAF公認のラリー及びスピード行事の日本選手権に6回以上完走していれば取得できます。

国際Bライセンスは、申請日より2年以内に、日本の全日本選手権や地方選手権レース、及び国際各式レースで5回以上完走していれば取得できます。

国際Bライセンスを持てば、フォミュラー・ニッポンやル・マン24時間、ダカールラリーなどのレースにも出場できますので、Cライセンスに比べ、条件が厳しくなっています。

国際Aライセンスは、申請日より2年以内に、国際Bライセンスを必要とするレースの5戦で総合成績5位以内入賞するか、国際Bライセンスを必要とする選手権の最終成績で5位以内の成績を残せば取得できます。

国際Aライセンスをとれば、GP2(元のFIA国際F3000選手権)やインディカーシリーズなどに出場できます。