ラーメン屋店長の仕事内容

極上の一杯を提供する

ラーメン屋店長の仕事は、おいしいラーメンを作り、お客さまに提供することです。

しかし、一般のスタッフとは異なり、ただ決められた通りに調理するだけではありません。

他の店に負けないような、多くのお客さまを惹きつけることができるメニューを考案し、スープや麺などに徹底的にこだわりながら独自の味を追求します。

食材の仕入れ先の選定、各種業者とのやりとりなどは、ラーメン屋店長の基本的な業務の一部となります。

なお、ラーメン屋店長はオーナーに雇われて社員として働いている人もいますが、独立開業をし、個人で「経営者兼屋店長」として働いている人が多いことが特徴です。

後者の場合、経営者として店をどう繁盛させていくか、日々のお金の動きや集客面について考えていくことも欠かせません。

また、アルバイトなどスタッフを採用して一緒に働いてもらう場合には、面接などの採用活動や入店後の教育などをして、つねに質の高いメニューとサービスを提供できるように育てることも重要な役目となります。

居心地いい店づくりをする

誰が食べてもうなるようなラーメンを提供できれば、もはやそれ以上何もしなくても大行列ができる店を作ることができるでしょう。

しかし、日本全国にラーメン店の数は非常に多く、競争は激化しています。

ラーメンブームは根強く、ラーメンの味にこだわるお客さまも増えています。

そうしたなかで生き残っていくためには、店の雰囲気づくりに力を入れることも欠かせません。

たとえば、内装やBGMにこだわって女性客も入りやすいようにしたり、接客にものすごく力を入れて気持ちよく帰っていただけるようにしたりといったことも、その代表例だといえます。

また、小さなお子さんや学生さんにはトッピングをサービスするなど、できるだけ多くのお客さまに来店いただけるような工夫を凝らしながら店を繁盛させていくことも、ラーメン屋店長の仕事の一部となっています。