ラーメン屋店長の現状と将来性

根強い人気が続くが、競争は厳しい

「ラーメンブーム」は根強いものとなっており、いまだ全国各地の名店の味を求めて食べ歩く人は大勢います。

もはや国民食ともいえるほどに成長したラーメンですが、その世界で屋店長として生きていくことは容易くはありません。

それというのも、ラーメン店の数はとても多く、競争が激しいものとなっているからです。店が入れ替わる頻度が高めといわれることからも、安定した営業を続けることの難しさがわかります。

ラーメン店は、飲食店のなかでも比較的低い費用で開業することができるため独立開業をしたいと考える人が後を絶ちませんが、自らオーナー兼屋店長となっても短期間で閉店しなくてはならない人もたくさんいるのが実情です。

海外からの注目度も高まっている

おいしい飲食店やレストランを紹介する「ミシュランガイド」。そのなかにラーメン部門が新設されたことは、ラーメン界にとって大きなニュースとなりました。

もともと、ラーメン店は口コミによる影響度が大きいといわれていましたが、テレビや雑誌などの各メディアに取り上げられることで、一気に店が繁盛するケースが目立つようです。

また、最近は海外でも日本のラーメン人気が高まっており、わざわざ人気店の味を求めて日本へやってくる人もいるようです。

ラーメン店が繁盛するかどうかは、味の追求と経営努力、そして運の要素もあるといえますが、ほんのちょっとしたきっかけで大行列ができる店の屋店長になることも夢ではありません。

成功できるかどうかはその人次第

簡単にいってしまえば、ラーメン屋店長として成功できるかどうかは、その人次第です。

いつも時代でも、どれだけ厳しい条件であっても、本当に魅力的な店にはお客さまが集まるものです。

もし独立開業をしたいのであれば、のれん分け、いわゆるフランチャイズを利用して、本部のブランド力や知名度を利用する方法もあります。

ラーメン店の場合、一部の雇われ屋店長以外は、屋店長兼経営者として仕事をしていくことになるため、いくら素晴らしい味のラーメンを作ることができても、経営面がうまくいかなければ店を続けることは難しいです。

経営ノウハウもしっかりと勉強しながら、「ここに行きたい!」と思われる店を作ること。ひたすらこれを追求することができる人だけが、今後も生き残っていくことができるといえるでしょう。