ラーメン屋店長になるには

修業をして独立するのが一般的

ラーメン屋店長になるのに、何か特別な資格等が求められることはありません。

しかし、日本全国に数えきれないほどあるラーメン店としのぎを削って生き残るためには、多くの人に「ここのラーメンが食べたい!」と思ってもらえる味を追求していかなくてはなりません。

したがって、素人が何の知識や経験もないところで店を出したところで成功する可能性は極めて低く、多くの場合、すでに実績のあるラーメン店でアルバイトとして修業をしてスキルを磨き、独立開業するという流れになっています。

別のルートで屋店長になることも可能

自分のラーメン店を出すにあたって、まず修業をする人が多いのは事実ですが、なかにはラーメンをひたすら食べ歩いて研究を重ね、そのまま開業する人もいるようです。

ラーメンを心から愛する人は、全国の名店を渡り歩き、何百杯というラーメンを食べていることも珍しくありません。

いずれにせよ、独自の味を追求し、それを体現することさえできれば、どんなルートでも店を出すことは可能です。

しかし、経営者としての顔を持つラーメン屋店長は、ラーメンを作るだけではなく仕入れやスタッフの教育などの業務にも携わる必要があり、お客さまを呼び込むための宣伝方法なども検討しなくてはなりません。

そうした点まで含めて勉強していけば、独学でもラーメン屋店長になることは可能だといえます。

チェーン店に就職をして店長になる人も

ラーメン店は独立開業して経営者兼屋店長として働く人が多いですが、なかには、全国の各エリアに複数店舗を出店しているチェーン店も存在します。

そうした店では、一般的な会社員と同様、店を運営する企業に就職をして、社員として店長職を務めることもできます。

また、フランチャイズに加盟して複数店舗を持っているオーナーの場合、自分以外に店長を雇って店を回すのが一般的です。

そうした店舗では「雇われ店長」という形で働くことも可能です。