プロレスラーの現状と将来性

総合格闘技人気に押されて低迷

かつて、ゴールデンタイムにテレビ放映され、国民的人気の高かったプロレスも、1990年代半ばから衰退していきました。K‐1やPRIDEなど総合格闘技の人気に押されたからです。

当時、多くのプロレスラーが、総合格闘技のトーナメントに参戦しましたが、結果が残せなかったことも、プロレス人気をさらに低下させました。

最近はプロレス人気が復活しつつある

しかし、2010年頃から、プロレスの人気が復活しつつあります。これまでのプロレスファンに加え、女性ファンや子どものファンが増えているからです。

後楽園ホールや東京ドームを満員にし、入場者の半分が女性ファンというプロレス団体も出てきています。

プロレス人気復活の理由は、おもに2つあります。

経営戦略のうまさで人気復活

1つは、「新日本プロレス」に代表されるように経営戦略のうまさです。

所属選手をテレビ番組やCM、雑誌広告などに出演させ、狙い通り、「今、プロレスが流行している」というイメージの植え付けに成功し、とくに女性ファンを増やしました。

また、カードゲーム「キングオブプロレスリング」を発売したことで、小学生にも人気が広がりました。

後楽園ホールの試合では、対戦カードが発表される前からチケットが完売するようになりました。東京ドームや横浜アリーナなどの大きな会場でも、再び興行が行われるようになっています。

イケメンレスラーと等身大レスラー

もう1つ、プロレス人気が復活した理由は、「DRAGON GATE」や「DDTプロレス」に代表されるように、イケメンレスラーや等身大レスラーの活躍です。

たとえば、DRAGO GATEでは、身長180センチ以上という入門条件を取っ払ったところ、160cm代、170cm代のイケメンプロレスラーがたくさん誕生しました。

イケメン選手がほどほどに鍛えられた体で、スピーディーなプロレスを展開したことで、新たな女性ファンを獲得しました。

プロレスラーは超人的というイメージを転換

選手が会場でグッズを販売したり、サイン会を開くなど、ファンと触れあう機会を増やす一方、流血などの危険な行為を禁止したことで、入場者の約半分は女性ファンとなるほど人気が広がっています。

プロレスラーは、体が大きな超マッチョで、超人的存在という従来のイメージを覆し、身近でカッコイイ男性たちという存在になったのです。

プロレスラー志望者にはチャンスが広がる

過去のプロレス人気を振り返ると、人気が下がった大きな原因としてスター選手の引退があります。

プロレスに限らず、スポーツの場合、次々にスター選手が誕生しなければ、国民の関心が薄れます。

そういう意味では、プロレスラーの育成が大きなカギになりますが、現実には、プロレスラーに成りたい人の数は減っているそうです。

それだけに、今後、プロレスラーが大好きで、自分もプロレスラーになりたいという人には、チャンスが広がっています。