プロレスラーの食事

一般男性の3、4倍のカロリーを取得

プロレスラーの体を見ていると、いったいどういう食事をしているのか気になるでしょう。体が資本のプロレスラーは、食事もトレーニングと考え、食事内容も工夫しています。

食べる量は1日あたり6,000〜8,000Kcalと一般男性の3、4倍です。なかには1万Kcal以上食べるという人もいます。

特に新人時代は、プロレスラーにふさわしい体づくりを求められますので、意識的に食事量を増やすことになるでしょう。

相撲界のちゃんこが、プロレス界の伝統食

プロレス団体によっては、メンバー全員で「ちゃんこ」を食べるところがあります。「ちゃんこ」とは、もともと相撲取りの食事のことで、いろんな食材をつかった鍋とどんぶり飯が基本です。

相撲の世界では、いまでも早朝から空腹のまま朝稽古をして、その後にちゃんこを食べて昼寝。夜にもちゃんこを食べるのが一般的です。

日本のプロレス界の基礎を作ったのは、1960年前後に活躍した力道山ですが、彼はもともと相撲取りでした。そのため、プロレス界にも相撲界の食事スタイルが取り入れられ、肉や魚、野菜、米などをバランスよく大量に食べることで、体を大きくしていたのです。

現在はめざす体型に応じて食事内容を変える

現在のプロレス界でも、仲間意識を育てたり、一体感を育てるといった理由などで、昔ながらの食事スタイルを取り入れているところもあります。

しかし、現在は、昔に比べてスポーツ医学や栄養学も発達していますので、多くの団体では食事スタイルも大きく変わってきています。

最先端の食事スタイルは、どういう体型をめざすか、あるいはどんな筋肉をつけるかという目的に応じて、食事内容やトレーニングのし方を変えるというものです。

また、カロリー計算をしながら一日3回食べ、筋肉をつけるためにプロテインなどのサプリメントを併用している人が増えています。

食材のバランスを考えながら、とにかくたくさん食べるという方法から、理想の体に近づくためのメニューを科学的に考えてもらい、そのメニューに従って食事をとるという方法になってきています。

最近の人気は細身のマッチョタイプ

プロレスラーの体型も、現在の主流は細身のマッチョです。筋肉ムキムキながら、体脂肪が10台前半というタイプです。

そのため、脂肪分の少ない魚や鶏のささみ、卵の卵白を中心に食べていたり、パワー系のスタミナやパワーアップに効果のあるサプリメントを使っている人が増えています。