新日本プロレスのプロレスラーになるには

最も古いプロレス団体

新日本プロレスは、1972年、アントニオ猪木によって設立されました。現在のプロレス界では、最も古い老舗団体となっています。

アントニオ猪木を中心とした選手たちが、実力主義を前面に打ち出した「ストロングスタイル」を実践し、多くのプロレスファンを獲得しました。

また、「プロレスこそ最高の格闘技」と公言し、異種格闘技戦なども積極的に開催しました。

新日本プロレスからは、アントニオ猪木の他、坂口征二、長州力、藤波辰彌、そして、「闘魂三銃士」と呼ばれた武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也などたくさんのヒーローが誕生しました。

カードゲームの「ブシロード」が親会社に

新日本プロレスは、2000年代に低迷しましたが、2012年、『カードファイト!!ヴァンガード』などのカードゲームで有名な「ブシロード」が親会社となって変わりました。

「ブシロード」は、「キング・オブ・スポーツ」をキャッチフレーズに、まず、テレビCMや雑誌広告を大幅に増やし、新日本プロレスの選手たちを大々的にPRを行いました。

人気選手がバラエティ番組やクイズ番組に出演し、カードゲーム『キング・オブ・プロレスリング』を販売しました。

また、東京・渋谷のファッションビル109のモデルなどとして、人気選手をCMにも出演させました。

プロレス界一の人気団体に

その結果、新日本プロレスの知名度が大幅にアップ。後楽園の興行では、対戦カードが発表される前からチケットが完売するほど人気が復活しました。

2014年1月には、3万5000人の観客で東京ドームを満員にしました。

現在は棚橋弘至、オカダ・カズチカ、中邑真輔ら個性豊かなプロレスラーたちが、「ストロングスタイル」を継承しながら激しくも感動的なプロレスを繰り広げています。

入門テストの応募条件

新日本プロレスでは、年に1度(11月頃)、入門テストを行っています。

1次テストは、書類審査です。応募条件は、「18歳以上23歳以下で、身長180センチ以上の健康な男子」です。

応募は、身長、体重を明記し、スポーツ歴を書いた履歴書と、全身及び上半身の写真を同封します。

新日本プロレス 公式サイト

2次テストは体力テスト

2次テストは、道場で、スクワットや腕立て伏せ、懸垂、ロープ登り、腹筋、背筋、ブリッジ、ダッシュ、反復横跳び、スパーリングなどの体力テストを行います。

合格すると、練習生として寮生活をしながら、デビューをめざしてトレーニングします。デビューまでの期間は、本人の実力やキャラクターしだいです。