プロレスラー福田 洋さん

1987年8月15日生まれ。東京都小平市出身。2010年日本体育大学を卒業後、オーディションに合格し、ユニオンプロレスに所属。身長180cm、体重95kgで柔道三段。入場曲はSchool of Rock。

HP:▶公式ブログ:ユニオンプロレス福田洋の「Kiss My Ass」 ▶Twitter:@Fukuda_unionpro福田洋ファンクラブ「FUKUDA HOLIC」公式アカウント @FUKUDAHOLICFacebook

プロレスラ―の仕事について、一日の流れを教えてください。

一日の流れは試合のある日とない日で違います。試合のある日は、会場へ行き、リングを設営し、試合前の準備運動をしてから試合を行います。終わったらお客さんを送りだしたり、売店で物販をしたりします。その後、リングを元に戻して終わりです。興行は三時間弱ですね。

試合は基本的に土日祝日に行われます。たまに平日もあるので週2~3日です。大抵は一日一試合ですが、昼、夜で二試合の時もあります。また、東京の場合は三試合ということもあります。

地方への移動は主にバスとなります。夜に出発し朝に着くことや、朝早く出発し、昼に着くことが多いです。バスの中で過す時間が長いので寝て過ごしたり、休んだりもします。

また、平日は試合の日を抜かして週5日ほど合同練習が行われます。その他、個人的にトレーニングはほぼ毎日しています。休みは試合の次の日などになります。

プロレスラーを目指そうと思ったきっかけを教えて下さい。

最初はキン肉マンの再放送からはじまったんです(笑)。小学生の時からプロレスは大好きでよく、観戦していましたし、父に会場に連れて行ってもらったりもしました。

プロスポーツって、野球とかもそうだけど批評したりするじゃないですか? プロレスもやったことがないのに批評する人が多くいますよね。そういう人たちを観て、自分は本当にやるべきだ、やってみようと思いました。やってみないとプロレスのことはわからないですから。

プロレスラーになるまでの経緯を教えて下さい。

学生時代に新日本プロレスのオーディションに受かったのですが、その時は在学中のために、また卒業後に受けて下さいと言われました。

その後、卒業後に受けた時には落ちてしまい。どうしようかと迷っていた時に、同じスポーツジムでアルバイトをしていたバイト仲間から、ユニオンプロレスでオーディションがあるというのを聞き、受けました。

オーディションには受かったのですが、肩の脱臼癖があったりし、やっていけるか将来が不安で一度は辞退したんです。ですが、やはりやってみないとわからないと思いチャレンジすることに決めました。

ユニオンプロレスに入ったのはバイト先の人に紹介されたことがきっかけで、偶然受けたのですが、結果的には良かったです。