プロレスラーの引退後の生活

プロレス界では「引退」=「休養」

プロレス界では、一度引退しながら、復帰する人が少なくありません。「リングが恋しくなって」とか、「ファンの要望に応えて」、「故障から回復したから」など、復帰の理由はさまざまです。

プロレスファンの中には、「プロレスで『引退』というのは、『休養』と同じ意味」という人もいます。

その一方で、40代、50代になっても、現役としてリングに上がり続けるプロレスラーもいます。一時代を築いたジャイアント馬場は、60歳までリングに上がり続けました。

引退の平均年齢は42歳

しかし、40代、50代になっても、リングに上がれるのは一部の人気プロレスラーだけです。プロレスラーの平均的な引退年齢は、男子の場合、42歳前後といわれています。

プロレスの試合やトレーニングは、肉体的にきつく、普段からケガや故障が多くなります。ヒジやヒザ、足首などの関節、それに首や腰が慢性的に痛んだり、手足がしびれるという人もいるようです。

30代も半ばになると体力的にきつくなり、リングに上がる回数が減っていきます。30代でも、思い通りの動きができなくなったからと引退するプロレスラーもいます。

そして、40歳をすぎると、引退する人が増えていきます。

プロレス界に残る人、去っていく人

引退後の生活は、さまざまです。

引退後も、プロレスに関わる人は少なくありません。プロレス団体のスタッフや新人の育成係になったり、興行に関わったり、裏方としてプロレスを支えている人もいます。

また、プロレスラーの養成所を設立している人もいます。

サラリーマンに転職した人もいます。ビルの管理会社に勤めたり、バイクの整備士、とび職になるなど、まったく違った人生を歩む人もいます。

意外に多いのが飲食店関係

意外に多いのが、飲食店関係で働く人です。練習生になると、道場で仲間や先輩の料理を大量に作るため、料理の腕を上げる人が多いようです。

現役時代に年収の多かった人には、現役時代から飲食店を経営している人もいます。

また、引退後、ラーメン店や居酒屋、料理店などで修業をして、自分の店を出した人もいます。もちろん料理人として雇われている人もいます。

プロレスラーは、引退年齢が平均で40代前半と早いです。その一方で、40代は、転職がなかなか難しい年代でもあります。

そのため、現役時代から、引退後のことを考えて準備をしている人が多いようです。

女性プロレスラーの多くは30歳までに引退

女性プロレスラーは、かつて、「25歳」が引退年齢といわれていました。

しかし、デビル雅美やジャガー横田、ブル中野ら人気選手が、25歳を過ぎても現役でリングに上がり続け、いまや、引退年齢は、本人しだいになっています。

といっても、30歳前には引退する人がほとんどです。

引退後の仕事は、男性プロレスラーと似ている

引退後は、男性プロレスラーとだいたい同じで、プロレス団体のスタッフとして残る人が少なくありません。また、飲食店に勤めたり、自分で店をもつ人もいます。

若くて引退した人には、スポーツジムのインストラクターや指導員になる人が多いようです。