プログラマーのやりがい

最先端のものを作る

今や、ITはありとあらゆる分野で活用されており、プログラマーはその世界の最前線で新しいシステム、世の中に役立つソフトウェアを開発しています。

たとえば、宇宙開発はITの最先端技術がたっぷりと含まれている分野の一つです。

このような人類の先頭に立つ素晴らしい仕事ができる可能性も秘めているのがプログラマーであり、それを達成したときの充実感は大きなものになります。

一般的なプログラマーでも、最先端の家電製品や自動車のシステムを作ったりと、各分野における先頭に立って「新しいものを作る」という喜びを味わえます。

プログラマーは、IT技術を突き詰めたいという気持ちを持つ人たちが、ものづくりを究めていくやりがいにあふれた仕事です。

ものが動いたときの達成感

ここで、プログラマーが仕事中に感じるやりがいの光景を想像してみましょう。

皆さんは、プログラマーとして、ある大型ロボットを作動させるためのシステムを開発していたとします。

作ったプログラムは必ず事前にテストを行う必要があります。つまり、実際に大型ロボットを動かすという工程が発生するというわけです。

そのとき、目に見える形でロボットが動くのを目の当たりにすれば、「自分のシステムがものを動かしている」という言葉にできない達成感に包まれます。

実際、こうした達成感を得るためにプログラマーをしているという人も多いようです。

ものだけではなく、アプリケーションの場合やWeb開発の場合も同じです。やはり、自分で作ったものが動くという達成感は、どのプログラマーでも感じる喜びであり、やりがいにあたる部分だといえるでしょう。

美しいプログラミングをする

プログラマーは、いかにして効率よく、そしてメンテナンスしやすいプログラムを作るかということを常日頃から考えています。

素人からすれば同じように見えるコードの羅列であっても、じつはプログラマーの個性がものすごく出るものであり、一流の人が見れば、そのプログラミングが「美しいかどうか」はすぐにわかるものです。

自己満足と言ってしまえばそれまでですが、ある意味、プログラマーにとっては自己満足も大切なものとなります。

プログラマーにとって、いかにして美しいプログラミングをするかというのは、一生付き合う命題です。

そして、満足のいくものが作れたときの爽快感・達成感は大きなものとなります。ときには仲間たちからも賛辞が贈られ、新人研修の材料になったりと、作ったものが活用される場面が増える可能性も秘めています。

名を残すというと大げさかもしれませんが、自分の軌跡として仕事の成果を残すことができたときにも、やりがいを感じることができます。

仕事体験談