プログラマーの現状と将来性

プログラミングしやすい環境が整う

プログラマーは、IT業界のなかでも安定した需要を保っている仕事のひとつです。

この先、完全自動でプログラミングをしてくれるようなツールやソフト、プログラミング言語が開発されない限り、プログラマーとしての仕事がなくなることはないといえます。

しかし、最近では以前に比べると、日進月歩の勢いで「プログラミングしやすい環境」ができあがっています。

つまり、プログラマーとしてのスキルが低くても、安定したプログラミングができるようになりつつあるということです。

アプリケーション開発では必須ソフトである「.NET」系の開発環境などがいい例です。今後もさらなる環境の合理化が図られ、プログラマーになるためのハードルが低くなることは確実だといえるでしょう。

ハードルが低くなるとどうなるか

プログラマーとしてのハードルが低くなると、ベテランの域に達した人件費の高い人間を雇うよりも、若くて元気で、なおかつ人件費の安い人間を雇いたいと考える企業が増えることが予想されます。

したがって、皮肉なことに、経験を積むにつれてプログラマーとして生き残る道が厳しくなってきます。

とくに一般派遣や特定派遣で働く人は単価が上がってしまうため、さらに厳しい状況になることは目に見えています。

企業の意識も変わる

一昔前までは、企業はとにかく経験豊富でスキルの高いプログラマーを集めるスタイルをとっていました。

もちろん、今もこの傾向はありますが、以前とは異なる部分も見えてきています。それは、企業がプログラマーを育てるという意識です。

技術の高い人間を雇うとなると、中途入社でも基本給が高い状態から始まります。そのため人件費が大きくかかってしまい、大きな利益を上げることがしにくくなります。

また、特定派遣などで専門的なスキルを持った技術者を雇う場合も、また同じ状況となります。

それであれば、未経験や若手のプログラマーを自社で採用し、実務を通じて経験を積ませた方が得だという考えをする企業が増えています。

これからプログラマーを目指す人にとっては、チャンスが増えているといえるでしょう。

マネジメントスキルを身につける

しかし、先に書いたように「プログラミングするだけ」では、どこかで頭打ちになる可能性が高いです。

スペシャリティなスキルを持っているようなプログラマーであれば、将来性は十二分にあるといえますが、そういった特別な才能を持ったプログラマーはほんの一握りです。

そのため、プログラミングの能力に付加価値を付けていくしかありません。よくある道筋としては、プログラムを書くだけではなく、プログラムの設計を行う「システムエンジニア」へステップアップすることです。

さらに、プログラマーやシステムエンジニアを統括する「プロジェクトマネージャー」と段階を踏んでいくのが、将来性のある姿だといまます。

業界としても、現在はこの流れがスタンダードになっているため、キャリアパスについては早いうちから考えておいたほうがよいでしょう。

とくに、優秀なプロジェクトマネージャーはどの企業においても求める人材であり、良い待遇で働くことができます。

仕事体験談