プログラマーの種類

プログラマーの種類はさまざま

プログラマーというと、IT業界で開発の仕事に携わる人というざっくりとしたイメージを持つ人は多いでしょうが、じつは細かく見ていくと、作るソフトやシステムなどによって、複数の種類に分けることができます。

ここでは、おもなプログラマーの種類や仕事内容などについて紹介していきます。

おもなプログラマーの種類

Web系

インターネット上で公開されるプログラム(ブログサービス、ショッピングサイトなど)や、ウェブ上で公開されるデータベース開発、企業内で使用される顧客管理データベースなどの開発を行います。

HTML、CSS、JavaScript、PHP、Java、Perl、データベース(SQL)などの知識が必要とされ、多岐に渡るプログラマーの活躍領域のなかでも、非常に需要が大きく、求人数も多くなっています。

組み込み系、制御系

家電製品やデジタルカメラといった機械の中に組み込むプログラムの開発を行います。

パッケージソフト

PCにインストールして利用するようなソフトウェアの開発を行います。

モバイル

もともと、ゲーム業界には「ゲームプログラマー」として活躍する人がいますが、近年はスマートフォンの普及により、IT系の企業でスマホで動くゲームなどのアプリを開発するプログラマーの需要も大きくなっています。

ゲームプログラマーの仕事

汎用系

銀行の金融システムや企業の基幹システムなど、高い信頼性や安全性が必要とされる業務で使用されるシステムを開発します。

通信系

ネットワーク機器やテレビ会議といったコンピュータ間でのデータ送信・受信など、通信に関連するプログラムの開発を行います。

ネットワークエンジニアの仕事

どの種類のプログラマーになるのか

上記のように、プログラマーが活躍できる領域は多岐に渡ります。

どの種類のプログラマーになるのかによって求められるスキルや知識が異なり、仕事の進め方や就職先の選択肢も変わってきます。

幅広く知識を備えているプログラマーもいますが、これからプログラマーを目指す場合、まずどの分野で活躍していきたいのか考えることが必要になります。

仕事体験談