回答者:ちむさん(女性/30歳)

職業名:IT企業 プログラマー / 現在の状態:現役 / 経験年数:3年

仕事内容
本社は新宿にありますが、出向という形で去年の12月よりプロジェクトに携わらせていただいています。

勤務先の規模ですが、同プロジェクト内でも取引先ごとにチームがありますが、トータルすると40名弱です。

お仕事内容は、自社が販売している株取引の相場操縦審査を助けるシステムの開発·保守です。

日々何万という取引が行われますが、証券会社さまが独自に1つずつ審査を行うのは大変なので、システムにより、定められた基準に引っかかっていそうな取引を絞ることで証券会社さまの負担を削減するために開発されました。

私は当初事務職希望で面接を受けましたが、そちらには落ちてしまい、面談をしてくださった方に未経験でも研修があるのでやってみないか?と声をかけていただいたことがきっかけで今プログラマーをしています。
仕事のやりがい
始めは本当に苦労しました。

未経験でしたが、研修は講師や同期の助けがあり楽しく全工程をクリアすることができました。

ですが、一度現場へ出ると他社の、しかもキャリアもすごくある方と肩を並べてお仕事をするので、ミーティングでの会話についていくのもままならない状態でした。

タスクについても優しい方に恵まれたくさん考慮していただきましたが、それでも毎日「生まれてこんなに頭を使ったことはなかった、、」とヘトヘトでした。

何度も向いてないんだろうなと挫折しかけたこともあります。

今でもそう思わないわけではありません。

ですが、自分でも本当にびっくりするのが、徐々にわかるようになってきます!

事務とは違い日々新しいことに取り組むイメージですが、それでも「あの時のあれが使えるかもな」など、自分に知識が蓄えられているのが実感できます。

何もないところから、動くものを自分がイメージした通りに作れた時の感動は充実となります。

今では相談を受けたり、提案したり、教えたりすることもあり楽しいと思えることが増えました。
覚悟しておいた方がいいこと
やはり残業でしょうか。

納期がありますので、間近になると平気で終電なんてこともあります。

最近は就労法が厳しくなったこともあり、残業時間を管理している会社が多いので振替休日やフレックスを利用し、改善しているところが多いと思います。

あとはどうしてもひらめかない時ですね。

お客さまの要望を形にすることはとても難しいです。

時には無理難題を言ってくる場合もあります。

そこは営業さんとしっかり話し合い、どのように折り合いをつけるか、またできる限り要望を叶えてあげたいと努力することが大切だと思います。
給料・待遇
私は30歳で、まだ3年目に入ったばかりですが手取りで25万円ほどです。

それに加えて、毎月残業がありますので安定して27〜28万円といったところです。

これまで飲食店を経験してきた私には土日は基本的にお休みで、毎月これだけもらえるのは良い方だと満足しています。

ボーナスだけはとても少ないと思います。

冬はお年玉程度で夏は冬に比べると格段にあがり喜んでしまいましたが、お給料の半分もいかないくらいでした。
この職業の恋愛・結婚事情
男性にとっては出会いが少ないのが現実だと思います。

少しずつ女性のプログラマーも増えていますが、勤務時間などの都合上、結婚したり家庭に入ると続けることは難しいでしょう。

そのため、この仕事を選ぶ女性がなかなか増えないのではないかと思います。

女性にとっては知的な男性との出会いはたくさんあると思いますが、社会的なイメージにある通り、女性が苦手だったり、あまり慣れていない男性や、コミュニケーションが苦手な男性が多いと思います。

ゲームがすきなど同じ趣味があれば良いかもしれません。
この職業を目指す人へのメッセージ
どのお仕事もそうだと思いますが、始めは本当に難しいと感じると思います。

こんなに勉強をするのは学生以来だ、、という感じです。

でも必ず成果はでますし、実績がこんなに自分の立ち位置に影響するお仕事はなかなかないのではないでしょうか?

自分の評価をひしひしと実感できると思います。

負けずにコツコツと丁寧にお仕事をすることです。

何でも調査が1番大切で、ゴールが見えていれば必ず作れます。

がんばってください。